結婚式で新郎が新婦へ送る感動のサプライズ電報とは?

電報というと、結婚式当日に親しい人から新郎新婦に向けて
送られるものというのが、一般的なイメージですよね。

でももし、あなたが新婦をサプライズしたいと考えているなら、
その電報を新郎のあなた自身が送って、ビックリさせてみてはいかがですか?

新婦
「キャー!何?何?!ウソ~!(泣)」 

こんな新婦の感動的な姿を見てみたいと思いませんか?

新婦は思いがけない相手からのステキな電報に、
ビックリ&感動できっと喜んでくれることでしょう。

今回は、電報を送る理想のタイミングと、
披露宴の飾りにもなるステキな電報をご紹介しますね。
   

Sponsored Link

サプライズ電報を送るタイミング

感動的な電報を演出するなら、
読んでもらうタイミングはとても重要になってきます。

もし、式場で読んで欲しいなら、たくさんの電報の途中でサラリと
読み上げてもらうと、「えっ?」という驚きを新婦に与えることができます。

「でもそれでは聞き流されてしまうかも・・・」

もっとインパクトが欲しいという場合は、司会者の方と入念に打ち合わせをして
「一通忘れていました」と、最後に読み上げてもらうのもいいですね。

より注目と感動を演出してくれます。

では、実際に行われたサプライズ電報の模様を動画にてご覧ください。

思いもよらない相手からの電報に
驚きと喜びで一生忘れられないお手紙になることでしょう!

もし、あなたが「式場で披露するのは恥ずかしい。彼女も嫌がるかも?」
という場合は、式の前に新婦の控室に届けてもらうといいですね。

新婦が一人でメッセージを読み、ひそかに感動をかみしめることができます。

こんな電報がおススメ

電報選びは新婦がその可愛さに目をみはるもの、
式場に華を添えるようなものを選んでみましょう!

【バルーン電報】

ミッキー&ミニーや、ハート、ベアなど、
様々な種類のバルーンから新婦が喜びそうなものが選べます。

式場で華やかに揺れるバルーンを見て、新婦も笑顔になることでしょう。

【ぬいぐるみ電報】

ダッフィーやキティちゃん、ピーターラビット、りかちゃん人形など、
女性が好きなキャラクターが勢ぞろい。

式場に置いてもかわいいし、式後に新居に飾っておけるので、
いつでも結婚式の感動を思いださせてくれます。

【フラワー電報】

式場に色を添えてくれるお花も、送って喜ばれる電報です。

持ち運びしやすいブリザードフラワータイプもおススメ。

バルーンの中に入ったものや、ぬいぐるみとコラボしたものなど、
女性心をくすぐるかわいい商品がたくさんあります。

新婦が気に入ってくれそうな電報を選んだら、
感動のメッセージをつけちゃいましょう♪

感動のメッセージ例

普段は聞けない、深い愛情が感じられるメッセージに、新婦は ” グッ ” ときます。

一生に一度、この機会に新婦に向けて渾身の言葉を送りましょう!

  • 結婚は共同作業

    「いっしょに◯◯していこう」と伝えられたら、嬉しい!

    例:「いつもいっしょにいてくれてありがとう。
    お互い頑固だから喧嘩もするけど、明るく楽しい家庭を築いていこうね」

  • 新婦と結婚した理由など心の中にしまっておいたことを伝えましょう!

    例:「◯◯と初めて会った時、「この人と結婚するんだろうな~」
    とピンときました。

    喧嘩をしたり別れそうになったこともありましたが、
    あの時感じた気もちは、本物でした。

    今日この日を迎えることができて、本当にうれしいです。
    これからもよろしくお願いします」

  • 新婦の家族に感謝していることを伝えることでより感動を得られる!
    例:「結婚のお願いをしに◯◯のご両親と会って、
    ◯◯のことが今まで以上にもっと好きになりました。

    ◯◯と出会えて、本当に良かったです。
    お父さんお母さんのためにも、◯◯を必ず幸せにします」

   

Sponsored Link

まとめ

「結婚式で新婦にサプライズしたい ♪」

そう思っても、新婦に気づかれないよう準備するのは、至難のワザ。

電報なら、インターネット上で商品を選べ、
式場に贈ってもらえるので、心配ありませんね。

また、新婦もまさか新郎からもらえるとは思っていないので「ビックリ?!」
されること間違いなしです。ただ、式場で読みあげて大丈夫かどうか、
招待客の顔ぶれを見て判断した方がいいかもしれません。

また、友人たちに協力してもらってサプライズムービーによる演出も
いいですよサプライズ電報と動画を使ったムービーで
思い出に残る結婚式にしてくださいね。

Sponsored Link

サブコンテンツ

このページの先頭へ