長財布Vs二つ折り財布!持つ人だけが知る金運パワーアップ術!

あ~~ぁ「新しい財布が欲しいな~♪」

そんな時、長財布と二つ折り財布…どちらを購入するか悩みますよね~。

「金運アップ」をねらうなら長財布が良いといわれているし、
どんなバッグにでも入っちゃう便利さは二つ折り財布の方が上。

長財布にあこがれながら、結局いつも二つ折り
財布を買うという人もいるのではないでしょうか?

実は財布の種類ではなく、
「財布やお金の扱い方」が金運パワーアップに重要なんです!
   

Sponsored Link

長財布が金運アップに良いといわれるワケ

なぜ、長財布の方が金運アップに良いと思われているのでしょうか?

以下の理由が考えられそうです。

  • 同じ商品なら、長財布の方が値段が高い

    値段が高い長財布を買う人は、金銭的にゆとりがあると思われるのかも?

  • 長財布には、お札やカードがたくさん入っているイメージ

    テレビドラマでも、お金持ちの人が支払いをする時、
    お札がたくさん顏を出しているシーンがありますね。

  • お札を折らないということは、お金を大事にしていること

    お札を折らない=お金を大事にしているということなので、
    長財布が金運アップにつながるというのは確かなようです。

長財布が好きな人は、金運アップもさることながら、
「お金を支払う時にスマート」「収納力があるので、便利」
という理由で選んでいるようです。

では二つ折り財布は?

コンパクトで使いやすい二つ折り財布は、風水的にどうなのでしょう?

実は、お札を完全には折っているわけではないので、
金運ダウンにつながるというわけではないのです。

二つ折り財布はズボンの後ろポケットに入るため、
入れている方がいますが、あれが風水的には良くないのです。

「お金を尻に敷いている」ということで、お金を軽視していることになります。

二つ折り財布でも、お金をていねいに扱えば
金運アップにつながるんです。

では、具体的になにをしたらいいのでしょうか?

金運アップのためにできること

長財布でも二つ折り財布でもできる、金運パワーアップ術はこれ!

1) レシートをため込まない

2) クレジットカードやポイントカードを入れすぎない

3) 財布の中をごちゃごちゃにしない

4) 表面もきれいな状態に保つ

5) お金を大事に扱う

5)のお金を大事に扱うとは・・・

  • お金が入ってきたら感謝をする
  • 支払うべき時は惜しみなく払う
  • 安いからなどとなんでもかんでも買うのではなく、
    大事にしたいものにお金を使う

ということです。

ワンポイントアドバイス

有名な金運アップ法としてよくテレビなどで取り上げられるのが、
お金持ちの人が使っていった財布を譲り受けるということ!

金運をそのまま受け継ぐという意味で、
非常に効果的な「金運アップ法」になります。

あなたの周りにお金持ちの方がおられる場合は、
ぜひ財布を譲って頂いてみてはいかがですか?
   

Sponsored Link

長財布と二つ折り財布どちらを選べばいいの?

2013年度、@niftyさんの調査による
お財布のタイプ(男女)を調べた結果・・・。

  • 男性は、二つ折り財布が7割以上
  • 女性は、長財布が6割以上

男性は後ろのポケットに入りやすい二つ折りが人気が高いのに対し、
女性は、物が多いしブランドもののかわいい財布が多いことが理由です。

実際に、女性が二つ折りの財布を使って
いるのってあまり見たことがありませんからね。

では、長財布と二つ折り財布の
メリットとデメリットを見ていきましょう。

【長財布のメリット・デメリット】

  • お札やカードがたくさん入る
  • 折らないので型崩れしにくく、長く使える
  • 大きいので、小銭の出し入れに手間がかかることも
  • バッグに入らないことも

【二つ折り財布のメリット・デメリット】

  • 持ち運び便利
  • 小銭が出しやすい
  • 収納力低め
  • 折り曲げるため型崩れしやすく破れやすい

両方持っていて、シーンごとに使い分けても良いですね。

まとめ

長財布だけでなく二つ折り財布だって、
使い方によっては金運アップできると知って、安心。

さっそくお財布売り場に行って、一番気に入ったものを購入しましょう!

ちなみに私の家族は長財布を使っていますが、やはり支払いの時、
すっと紙幣を出すのを見るとかっこいいな~♪と思います。

ただ、小さめバッグをいくつも持っている私は、
長財布を無理やりバッグに入れてどこかに落としてきそう…。

当分は二つ折り財布を大事に使って、金運パワーアップを狙いたいと思います ^^

Sponsored Link

サブコンテンツ

このページの先頭へ