餅つきは正月の年末イベント!由来に込められた想いとは?

新年に、地域や子供会、幼稚園・保育園
などで行われるお餅つき、子どもはたのしみですよね~ ^^

家庭では、12月に餅つきが行われ、
お正月用にと近所に配ったりしますね。

でも市販で売られているお餅なのに、
なぜ?わざわざ餅つきをするのでしょうか?

大人でもよく理解していなのに、子供は疑問に思うでしょう。

子供
ねぇ~何でお餅つきをやるの?

そんな正月恒例のイベント!
お餅つきの疑問や由来について詳しくお伝えします。
   

Sponsored Link

餅つきの由来とは?

昔から日本では、餅を食べるのは「ハレの日」と決まっていました。

餅を食べると、神様の霊力が体内に取り込まれ、
生命力を再生・補強できるとされてきました。

昔はお年玉として、ついた餅をみんなに配っていたのですね。

餅は、稲作の伝来とともに、東南アジアからもたらされました。

季節ごとの大事な節目に食べられるのに
なったのは、「鏡餅」が生まれた平安時代からです。

年末・年始の餅つきは、豊饒・家内安全を
歳神様に願い、行われる行事となったのです。

また、そこには「神様へのお供え物」という意味が込められています。

年末にするお餅つき

お正月を迎える準備として、昔から年末に行われてきました。

最初のひと臼が、神様へのお供え物の「鏡餅」になります。

周囲の人に配ることで、地域の繋がり
連携を深める役割もはたしてきました。

また、おせちもそうですが、お正月はあまり
炊事をしないようにたくさん料理を作っておきますね。

鏡餅を作ることも、その一環として行われてきました。

餅つきはいつやるのが理想的?

餅つきは、12月25日から年末までに行います。

  • 26日は「ろくなことがない」
  • 29日は「苦」
  • 31日は「神様をお迎えするのにはあまりにせわしない」

そのような理由から、この3日間は
餅つきを行わないようにする風習があります。

門松やしめ飾りも31日より前に準備しますよね。

しめ飾りと鏡餅っていつから飾るの?意味を知れば大事さがわかるんです。

28日は「末広がりで縁起が良い」ため、特に好まれています。

正月にするお餅つき

では、お正月にするお餅つきにはどんな意味があるのでしょうか?

地域や保育園などで行われるお餅つきは、
松の内があけてからが多いですね。

お正月には、新しい年の福を授けてくれる
神様が、家々に降り立つといわれています。

神様をお迎えするための
行事として、お正月にもお餅つきが行われるのです。

お正月は一年の中でも特に「ハレの日」ですからね。

そして、餅つきは年末にするのが正しいの、それとも正月?と
気になる方がいたと思いますが、両方とも正しいということです。

私の父の場合

私の父は田んぼ作りをしていますが、
あぜで毎年必ずお餅つきが行われます。

旧年いっしょに田んぼ作りをした仲間と、
新年の豊饒を願い交流を深める場となっています。

また、刈り取った稲に小さく切った白やピンク
の餅をさして、一年の五穀豊穣を祈願しています。

それぞれの家に持ち帰って、飾ったり食べたりします。
   

Sponsored Link

なぜ杵と臼でつくの?

杵(きね)と臼(うす)は重たいし、準備が大変ですよね。

なぜ、それらを使って餅つきをするのでしょうか?

「つく」という行為は、とても原始的なのです。

一万年以上も前から、人間は石のくぼみに
棒状の石で穀物をついてつぶしていたのですね。

それが現代でも残っているのです。

お餅を丁寧に「つく」ことで、
上から圧力がかかり、餅全体が等しい固さになります。

そして、気泡が押し出され、
弾力のあるもっちりとした歯ごたえになるのです。

私たちは、その味が食べたくて、
手間暇かけてでもお餅つきをしたいのかもしれませんね。

まとめ

市販のお餅のおかげで、一年を通してお餅が食べられますが、
「お餅つき」と聞くと、出かけて行きたくなりますよね~。

あのできたてのほかほかもっちり具合は、
やはり市販のものとは一味違います。

また、餅つきに参加することは、
子供に日本の文化を伝える良い機会です。

杵を持ち上げてお餅をつく感触は、
子供にとっても、たまらないみたいです。

お餅が好きでない子も、一生懸命ついていますよね。

「神様にお供えする」という日本古来の習慣、地域との
連携をはかるという日本人の心があらわれている「お餅つき」

今後も子供たちを通して引き継がれていくことでしょう。

Sponsored Link

サブコンテンツ

このページの先頭へ