札幌雪祭りin2017の日程!雪像を10倍楽しむポイント!

日本一有名な冬の祭典と言えば「札幌雪祭り」

毎年、200万人以上訪れる雪祭りの経済効果はなんと419億円

雪祭りの始まりは1950年、地元の中高生が
6つの雪像を大通公園に作ったことがきっかけだったのは、ご存じですか?

その時、5万人もの人が集まったのだから驚きです。

もし北海道旅行を計画しているあなたに、
2017年の雪まつりを10倍楽しむポイントと最強の防寒対策をご紹介します。
   

Sponsored Link

雪まつりin2017の日程と会場

今回で68回目を迎える雪まつりの日程は以下の通りです。

① 大通会場

日程:2017年2月6日(月)から2月12日(日)

場所:大通公園西1丁目~西12丁目

開催時間:常時(ライトアップは22時まで)

② すすきの会場

日程:2017年2月6日(月)から2月12日(日)

場所:南4条通りから南6条通りまでの西4丁目線(駅前通り)市道

開催時間:常時(ライトアップは23時まで(最終日は22時まで))

③ つどーむ会場

日程:2017年2月1日(水)~12日(日)

場所:札幌市スポーツ交流施設コミュニティドーム
(愛称:つどーむ)札幌市東区栄町885番地1

開催時間:9:00~17:00

雪像を楽しむポイント

3会場、200基超ある雪像。

思いっきり楽しむポイントは、3つ!

自衛隊と市民雪像制作団が作る大迫力の雪像

1955年の第6回の時に自衛隊が参加し、大規模な雪像づくりに挑戦。

第101通信大隊(現在の北部方面通信群の前身)が
高さ10メートルの聖母マリア像を制作したことから始まりました。

現在にいたるまで、数ある雪像の中でも
ひときわ目のひく大きさ&精巧さで関心を集め続けています。

ちなみに2015年の作品は、「雪のスターウォーズ」

ルーカスフィルムの公認で、
ウォルトディズニーが監修をつとめたという本格派。

それが、自衛隊の高機能な機材と長年のノウハウを
駆使して制作されるのですから、それはすごい迫力でした。

夜のライトアップ

  • プロジェクトマッピング

    ライトアップされた大雪像に映し出すプロジェクトマッピング。

    さっぽろ雪まつりでしかできないスケールと美しさです。

    引用元:北海道のカワイイ!を全国・世界へお届け

    氷の幻想さを最大限に利用し、人々に感動を与えてくれます。

    これだけを見に来るお客さんがいるほどの人気ぶり!

  • さっぽろテレビ塔からの夜景

    西に広がる大通会場を正面から見下ろせるスポットです。

    奥に続いていく雪像とイルミネーションは、圧巻の美しさです。

    料金は大人:720円 高校生:600円 中学生:400円 小学生:300円 幼児:100円

  • 夜のすすきの氷の祭典

    すすきの会場では、歓楽街の真ん中に
    様々な大きさの氷彫刻がずらりと並びます。

    夜になると、ネオン街の光が氷を照らし、きらきらと輝きます。

★ 意外な人気 雪像壊し

創造には破壊がつきもので、約1か月かけて
作られた大雪像が”あっ”という間に見るも無残な姿に・・・。(悲)

安全のためにという事で「祭典終了翌日」には、
ショベルカーによって壊され雪山に変わっていく様子も迫力があると人気です。

午前中には終わってしまうので、早めに現場に行くようにしましょう。

雪まつりの服装は?

一年で一番寒い時期に行われる雪祭り。

2015年2月上旬の日平均気温は-3.2℃
寒さになれていないと耐えられない温度ですね。

しっかりとした本格的な防寒具を身につけて行きましょう。

雪まつりに必要な服装

  • シャツ・セーター・コートの三枚重ね
  • コートはオーバーやスキージャンパーなど厚い生地のもの
  • 帽子・耳あて・充電式の電気手袋
  • 裏に深い溝のある靴。路面が凍結しているので、滑らない冬靴は必須です。

    ない場合は、靴の上から装着できる「滑り止め」を購入しましょう。

1つ500円くらいでJR駅、地下鉄駅の売店で売っていますので、
店員さんに靴を見せて合うものを選んでもらいましょう。

まとめ

今年度もやって来る札幌雪祭り。

お友達は旦那さんの実家が
さっぽろにあるため、毎年雪祭り時に帰省をします。

そのたびに写真を送ってくれるのですが、
イルミネーションに輝く雪像の数々は、まさに夢の世界のようです。

その中にいる人々もなんとも幸せそう。

寒さも吹きとぶような笑顔であふれています。

氷と光の祭典と聞けば、行ってみたくなりますね。

広い会場なので、見どころをしっかり押さえて、
あますところなく楽しんじゃいましょう♪

Sponsored Link

サブコンテンツ

このページの先頭へ