エイプリルフールのおもしろネタ全集2017年度!彼氏編

毎年来る4月1日。

世間では「エイプリールフール」といわれ、
嘘を言っても許される日として広まっていますね。

気になるのは?「はて…いつから、どこから?」

謎が多いエイプリールフールですが、
本当に起源自体は諸説あるそうですよ。

ちょっと気になっちゃいますよね(笑)

今回は、世界でも有名な「4月1日」は日本だけの年行事なのか?

彼女から彼氏に贈る2017年のおもしろネタ、
楽しむためのエイプリールフールのルールをお伝えします。
   

Sponsored Link

2017年度!おもしろネタ全集!彼氏編

「彼氏がびっくりするような嘘ないかしら」と頭を悩ませているあなた!

朗報です。

もちろん、パートナーが
エイプリールフールに理解がある人であること前提ですよ!

おもしろネタを幾つかご紹介したいと思います。

お手伝いしてくれる友人や親御さんがいる場合

彼氏に向けて、何人かで一斉に電話をします。
(メールやライン等じゃダメですよ!あくまでも電話です)

友人
大切な荷物を運んでいて事故を起こしてしまった。すぐに来てくれないか。頼むよ

急に倒れてしまって…すぐに◯◯病院に来て

彼女
どうしても会いたい。お願いだからすぐにうちに来て

さて、彼はどこに現れるでしょうか?

要件を伝えたらすぐに電源を切って下さいね。問いただされると困ります。

彼が好きな物を対象にする場合

「4月1日だけの限定」と称し好きな食べものなどを安売りにする。

例)「4月1日だけセブンイレブンで
(彼氏の好きなもの買う時)「いい気分です」というと半額になる」など

実は妊娠しちゃったの・・・。

彼女が突然、真顔で「実は妊娠したの」って告白。

彼は、彼女の真剣な表情に困惑すること間違いなし。

彼の取る行動で将来のパートナーにふさわしいのかわかりますよ!

『あなた(彼女)自身がサプライズ』

  • はげカツラの上からいつもの髪型のカツラをつけて彼氏と会い、目の前で外す。
  • 先に嘘をつかれた時「え?4月1日って昨日だよ」
    とすかさず返す。相手が怯んでくれれば成功~。

  • 「ごめん、好きな人ができちゃったの…」
    と悲しげな雰囲気をかもしだして言いましょう!

    悲しそうな彼氏を前に「好きになっちゃったの。この人…」といって(彼氏)の写メなど見せましょう。

    彼氏の引きつる顔と安心した顔の2つが同時に見られるかもよ。

  • 彼氏が一人暮らしなら…家に訪問し、呼び鈴を押して…
    ピンポーン「警察です」と声を変えて言ってみましょう!

    普段が冷静な人ならなおさら反応が楽しみですね!

エイプリルフールのルール

おもしろネタでいくつかご紹介しましたが、実はエイプリールフール
とはいえ、むやみやたらに嘘を付くのもいけないようですよ。

嘘は「午前中」まで。

「午後」からはネタばらしをしましょう、というもの。

これはちゃんとネタばらしをしてくださいね、
という意味合いが含まれているのでしょう!

内容にもよりますが、直後に「エイプリールフールだよ~」
と言われた時の安心感と言ったら…(笑)

でも、相手があんまりにもショックを
受けてしまうような嘘はやめたほうが良いですね。

生死にまつわる嘘や相手を、おとしめる嘘などはオススメできません。

しっかりとしたルールを守りエイプリールフールを楽しみましょう。

嘘を付くこと自体を楽しむのではなく、自分も相手も「嘘によって」
生じる感情を笑いに変えて楽しむのが本質ではないでしょうか?
   

Sponsored Link

エイプリルフールは日本だけ?

いいえ、日本だけではありません!

ですが、数々の混乱などを避けるためにこの「エイプリールフール」を厳しく
廃止した国もあれば、現在でもメディア関係が力を入れてネットに流したりなどなど。

個人でも仲間同士や家族間で楽しい嘘をついていたりします。

お国柄や、根付いた風習から枝葉を伸ばしたであろうこの行事。

エイプリルフール!その始まりは

日本では、江戸時代に伝わったと言われていますが、
当時は「不義理の日」として通っていたそうです。

不義理とは「義理立てせずにやり過ごすさま」などの意味がありますが、
この時代は「義理を欠いていた人に手紙などで詫びを入れる日」だったそうです。

現在の「嘘をついてもいい日」になったのは
大正時代で、異国文化の吸収が急速だったことが伺えます。

もともとは16世紀頃のヨーロッパが発祥の地として名高いですが、
それにしても「義理を欠いたことを詫びる日」が「罪のない嘘をついたり・・・。」

いたずらをして人を驚かせたり、
出来る日になるなんて…文化や歴史ってすごいですね。

まとめ

毎日生きていく上で、本音だけを抱え込んでいると疲れてしまいます。

真面目に生きるのはとても大切なことですが、
年に一度の「大騒ぎが出来る日」

仲間と、大切な相手と、家族で、日常を忘れて
笑うことだけに力を注いでみるのも良いかもしれないですよ。

当の私はよく主人に騙されます。

毎日がエイプリールフールで困ったものです。(笑)

息子の冗談は冗談じゃないです(笑)でも笑えることは素敵なこと。

力いっぱい自分を笑わせてくれようとしている相手に感謝して、
エイプリールフールだからこそ、相手をもっと笑わせてしまいましょう!

Sponsored Link

サブコンテンツ

このページの先頭へ