河津の桜祭りin2016年の見頃とは?目前の景色に驚愕!

肌に心地よい風が吹き始めるこの桜の時期。

特に静岡県河津町で行われる「桜祭り」は毎年約73万人の観光客で賑わう人気のスポット!

さらに、河津町全体で約8,000本の桜が楽しめるんです。

でも、ひと口に桜と言っても色にも様々あります。

純白に、薄紅色に、濃紅色や黄色や緑なんてのもありますからちょっとビックリ!

今回は早咲きの桜でも名を馳せている深みのある紅色の桜「河津桜」が有名な「河津の桜祭り」2016年の見頃と魅力についてお伝えします。
   

Sponsored Link

河津の桜祭りとは?

2016年の河津桜祭りの開催が決定しました。

平成28年2月10日(水)~3月10日(木)までの1ヶ月間となっています。

この桜祭りは毎年、静岡県賀茂郡河津町で行われるイベントで、例年2月の上旬から開花が始まり3月の上旬までの1ヶ月間、私たちの目を楽しませてくれます。

通常の桜ですと1周間ほど、気候にもよりますが気温が低いと10日ほどは楽しめるようです。

なぜ?この河津桜はこんなに長いんでしょうか?

それは伊豆の温暖な気候と河津桜特有の早咲きが密接な関係を持っているから。

2月上旬からポツポツ咲き始める桜は、満開になるまでに約1ヶ月ほどかかります。

また開花時期の予測が立てにくいとも言われていて、お正月から開花が始まったり、2月の中旬から始まったりと非常に気まぐれな桜なようです。

観光客泣かせですよね(笑)

ところで桜もいいですが、3月に見頃を迎える茨城県水戸市の「梅まつり」ってご存知ですか?

梅まつりin2016!水戸の偕楽園に秘められた魅力

また桜と違って小ぶりで可愛い梅の花たちに癒されると仕事の疲れもどこへやらって感じですね。

桜祭りの見頃

1ヶ月間もある「桜祭り」で困るのが、いつ見に行けばいいのか?

この桜は、満開になるまでの期間に勢いがありますから、6~8分咲きあたりから充分楽しめます。

もちろん満開時はもっと圧巻ですが、満開になるとやはり雨や風に影響されやすくなりますし、遠方から観光に行くならちょっと早めがオススメですね^^

開花情報をチェックしながらプランを立ててみてくださいね。

また、桜を愛でながらのイベントもたくさん予定されていますので一部ご紹介しますね!

2月10日
オープニングセレモニー
2月13日~
B級ご当地グルメ
2月28日
夜桜ウォーク(先着300名まで)
期間中(毎日)
ライトアップ(18:00~21:00)

まだまだありますが、昼間とは違う顔を見せるライトアップは見逃せないですよ!

期間中は毎日催されていますが、メインの桜並木が2ヶ所と名木にも光が当たっていますので予め調べておくといいですね^^

桜まつりのパンフレットも出来上がってるので、郵送希望される方は無料で配布してもらえますよ。
   

Sponsored Link

交通アクセスと駐車場

住所はこちらです。⇒ 静岡県賀茂郡河津町

1番のオススメはやはり公共機関を利用することですね。

駐車場にも限りがありますし、特に見頃になる期間は早朝から渋滞が予想されます。

『電車でのアクセス』

★伊勢急行で「河津駅」下車

★東京方面から電車で来る場合、河津駅まで直通の特急踊り子号で2時間40分程度

『車でのアクセス』

★会場はほぼ河津町全体となりますので、カーナビや地図を確認しながら「河津町」へ。

★またはパーク&トレイン(伊豆高原駅からの割引往復切符を販売)を使って伊豆高原駅近に駐車し、河津駅まで往復電車を利用することも出来ます。

★伊豆スカイラインの料金割引期間がお得(全車種対象:上限200円

『駐車場』

大型車両 1・2駐車場  駅前会場まで約700~800m 峰温泉会場まで約700~800m

普通車両 普通車4~13駐車場 駅前会場まで約700~800m 峰温泉会場まで約700~800m
(いずれも有料で昼間と夜間で料金に変化あり)

混雑を避ける方法

★沼津IC付近の渋滞を避けたい場合、静岡方面から移動するなら清水港~土肥港間で運行している「駿河湾フェリー」を利用するといいです。

★「伊豆スカイライン」や「TOYO TIRESターンパイク」も有料道路ですが、眺めもよく、比較的交通量が少ないのでアクセスしやすいです。

まとめ

延々続く桜並木はのんびりと散策するのがいいですね。

途中、何ヶ所か無料で利用できる足湯もありますし、桜だけじゃない観光地もあります。

湯ヶ野や河津七滝地区も観光としては有名ですよね!

この辺りには「上条の桜」や「隠居の桜」もありますので滝も桜も楽しめます。

川沿いにある菜の花ロードでは、薄紅色と黄色のコントラストが目を引くでしょう!

人によって様々な楽しみ方があると思いますが、よい思い出が出来ますよう、アクセス時の安全には十分に気をつけて桜まつりを満喫しましょう!

Sponsored Link

サブコンテンツ

このページの先頭へ