お花見の場所取りは代行にお任せ!賢く時間を有効活用!

お花見は、見て・食べて・飲んで!と楽しいひと時。

でも・・・1番大変なのは場所取り問題。上司が気に入る場所選ばなきゃ・・・とプレッシャーは大きいですよね。

参加人数や予算内での準備など、やらなきゃいけないこともたくさんあるのに時間は無い・・・。

寒い中ずっと待っているのは辛い。

そんな悩みを解決し、大変な作業を全部代わりにやってくれるのが場所取り代行

今年こそは、みんなが楽しめる素敵なお花見にしませんか?

今回は、そんな場所取り代行に頼むメリットや依頼方法、費用や注意点までお伝えします。
   

Sponsored Link

代行を使う最大のメリットとは?

お花見の場所取りは、もちろん桜がキレイに見える場所が良いですよね!

そこで、代行を使う最大のメリットといえばズバリ!

  • 寒い場所で待たなくても大丈夫
  • 時間を有効活用できる
  • 良い場所が取れる

毎年良い場所を見つけても必ず先に取られていたりすることはありませんか?

でも、便利屋さんに任せればもう心配することはありません。

何と言っても場所取りのプロなので、そのお花見会場ごとに存在するベストポジションだったり穴場スポットというのを知っているんです。

正直良い場所って分からないという方も便利屋さんに任せておけば大丈夫!

今年こそはベストポジションで桜をしっかりと見てみませんか?

お花見代行の依頼のやり方

まずはネットで「便利屋 県名/市名」と検索してみてください。

場所取り代行サービス」をしてくれる便利屋さんを探します。

依頼する場所取り代行が見つかったら以下の要領で依頼をしていきます。

①花見会場の場所を伝える
②花見会場の広さを伝える
③参加する人の人数を伝える
④花見を開始する時間を伝える

代行してもらうなんて初めてでどこの便利屋さんが良いのか分からないよ〜という方は?

チェーン展開している便利屋さんを選ぶのがオススメ!料金設定も均一なので安心して依頼出来ますね。

こういったサービスは、知らない方もけっこう多くいるんですが、使わないなんてもったいない!

代行にかかる費用はいくらなの?

便利屋に任せればラクですよ!とは言いましたが・・・気になるのはその費用!

いくら大変だとはいえ、会社の予算を超えてしまうようなことをしてまでラクなんて出来ないですよね。

そこで料金についてお伝えします。

便利屋さんによって料金設定は違うので、あくまで目安として参考にしてください。

料金は、基本的に1時間当たり〇〇円というような時間制料金になっています。

場所取り代行の料金体系

人員1名1時間の料金になります。

  • 1時間当たり2000円~依頼が可能です。
  • 深夜料金:1時間当たり1000円プラス

でも・・・こんなに便利なのにこの料金設定なんて驚きですよね。

思った以上に、そんなに費用はかからないので依頼する価値は大きいですよ。
   

Sponsored Link

代行を使う際の注意点!

まず代行を依頼する上で最も注意しなくてはいけないことと、確認しなくてはいけないことがあります。

それは、料金の支払いが発生するタイミングと会場ごとのルール

法律では、公共の場を売買や譲渡するなどといった行為は違法になっているんです。

では、場所取り代行は違法なのでしょうか?

良い場所じゃないならお金を払わないということになると、場所代としてお金を払うという事になってしまうため、あなたも業者側も違法になってしまいます。

しかし、仕事をしてくれたということで出す報酬であれば人件費と同じ扱いになるので合法となります。

あくまでも、この料金は代行をしてくれた(代わりにその場で場所を見張っていてくれた)という行為に料金を支払うことになっているのです。

他にも、お花見会場では当日の混乱状況を出来るだけなくす為に、公園の入り時間などがあらかじめ決められていたり、場所取り自体を禁止としているところもあります。

また条例として定めている地域もあるので注意してください。

せっかく依頼したのにダメだったでは、もったい無いですよね。

依頼する際は、あなたも責任を持って会場のルールや条例を必ず確認するようにしましょう!

まとめ

会社のお花見の場所取りとなるとプレッシャーは大きいですよね。

上司が気に入ってくれるような良い場所を取らなきゃ!

なんて思っても良い場所ってどこ?って悩みますし、時間だってそんなに多くは無いし大変だけど、便利屋さんに依頼すれば全て解決!

プロの目で厳選されたベストポジションを取ってくれるなんて嬉しい限りですよね。

それに自分がその場に朝早くから行かなくて良いのもとても嬉しい。

年に1度のお花見!気苦労してちゃ楽しめるものも楽しめない。それでは勿体無い!

今年は、ぜひプロに頼んであなたも『見て・食べて・飲んで』を存分に楽しんでくださいね。

Sponsored Link

サブコンテンツ

このページの先頭へ