引越しの際の車庫証明!手続きにはどれほどの費用がかかる?

引越しをするのは、新しい場所で生活するのが楽しみで仕方ないですよね。

しかし、それに伴う様々な手続き・・・たとえば、「車庫証明」ってどうやって申請すればいいの?と思いますよね。

そんなあなたのお手伝いをすべく今回は!!

  • 引越しの際に必要な車庫証明の申請手続きはどんなものなのか?
  • どんな手続きをするのか?
  • どこで申請出来るのか?
  • どれくらいの費用が掛かるのか

調べてみました。

それでなくても難しい車関係の申請、今回は分かりやすく説明していきますね。
   

Sponsored Link

車庫証明に関する費用とは?

まず、車庫証明とはなんなのでしょうか?

車庫証明、正式には「自動車保管場所証明書」と言われる証明書。

これは所有者が車を保管できる車庫を確保しているのかどうかを証明するためのもの。

また、これは自動車保管場所の確保などに関する法律である「保管場所法」で車庫証明をとることを義務付けられているんです。

そのため、この証明書を発行していない場合には、10万円以下の罰金が課せられます。

また、引越しした後15日以内に行わなくてはならない車の変更登録もこの証明書がないと出来まないので、出来るだけ早くに手続きを済ませてしまいましょう。

書類を取りに行く場所は駐車場の住所を管轄している警察署。

車庫証明に関する書類・提出は警察署で行うことが出来ます

例えば、自分の住んでいる場所の住所と車を置く場所の住所が違う場合は、駐車場の住所のほうを管轄する警察署で手続きをします。

車庫証明の申請や発行の際に掛かる費用・手数料ですが、その場所によって変わってくるので正確な費用はお教えできませんが・・・

① 保管場所証明申請書 およそ2000〜2200円
② 保管場所標章交付申請書 およそ500〜610円

合計で、2500〜2900円で申請出来ます。

意外にもそんなに掛からないんですよ。

引越しに伴う車庫証明の手続き方法

まずは、車庫証明をするため最寄りの警察署に行き申請書をもらいましょう。

  • 自動車保管場所証明申請書
  • 保管場所の所在図・配置図
  • 保管場所使用権疎明書面(保管する場所が自分の所有物である場合に使用)
  • 保管場所使用承諾証明書(保管する場所の土地を借りている場合に使用)

基本的にはこの4枚なのですが、場所によっては他の書類も必要になるかもしれないので、詳しくは窓口で聞いてみてくださいね。

書類をもらったら記入欄に必要なことを記入し、警察署の窓口へ提出しに行きます。

書類に不備がない場合は、場所によって多少異なるかもしれませんが大体2500円前後の証紙を貼り再提出すれば終わりです。

当日に車庫証明がもらえるわけではありせん。通常であれば、申請してから2〜7日ほどかかりますよ。

その際、引き換えする時に使う引換券は大事に取っておいてくださいね。

また、引越しの際に必要になるのはナンバープレートの変更。

引越ししてもナンバープレートを変えないままでいると・・。

  • リコール通知を受け取れなくなったり、支払いなどの通知が来ない
  • 本人確認が必要な時になかなか取れなくなってしまった
  • 廃車や下取する時に証明するのが時間がかかる場合がある

また、ナンバーの変更をする時は陸運局に行き申請しましょう。

費用は場所によって違うかもしれませんが、1500円前後で出来るでしょう。

ちなみに、私が申請を行った時はナンバープレート代や書類など全部含めて5600円くらいでしたよ。

時間は30分ほどで終了ですし、申請当日にナンバープレートはすぐに交付されます!
   

Sponsored Link

車庫証明に関する注意事項!

車庫証明をする時に注意すること!

  • 必ず申請書類は市役所ではなく、警察署に行くこと。
  • 証明書とともに交付される保管場所標章と保管場所標章番号通知書は、その後に行う「自動車登録」にも使うので大切に保管しておくこと。
  • 証明書交付後は内容の訂正が出来ないので、新しく申請し直すことになってしまいます。必ず申請前に内容の最終チェックをしましょう。
  • 証明書の有効期限は1ヶ月。1ヶ月以内に使用する場所を管轄する陸運局に提出しましょう。有効期間が過ぎてしまうと新たに申請をしなくてはいけなくなりますよ。

上記4つには注意してくださいね!

また、引越しの際の手続きはたくさんあって忘れてしまいがちなのが、引越しの際に車を処分するときの抹消手続き。

抹消せずそのままにすると、税金はずっとかかりますよ。

抹消手続きは2種類あるのをご存知ですか?

1つは、一時抹消といって一時的に車の使用を中止する際に申請するもの。

もう1つは、永久抹消といって自動車が既に解体してあったり、事故などで車の使用が出来なくなった場合に申請するもの。

もし、引越しと同時に車を処分するという方は必ず「永久抹消」してください。

ずっと抹消登録せずにいると税金がずっと発生してしまったりするんですよ。

しっかりと申請していれば、自動車税の支払いを止められたり、車検が残っている場合は月割り計算され最初に発生していた重量税が戻ってくるんです。

そのままにしておくと後々大変になるので、しっかりと手続きをしましょう。

まとめ

引越しって何かと変更手続きが必要になるので、頭がごちゃごちゃになってしまったりするんですよね。

今回の手続きを簡単におさらいしますね。

  • 車庫証明は警察署で必要事項を記入し提出!
  • ナンバーの変更をする時は陸運局へ
  • 車を処分する場合には必ず永久抹消を行いましょう!

たくさんありすぎてつい忘れてしまったり・・・

車庫証明はとくに忘れないように気をつけてください。

せっかく引越しをして、新しい生活が始まるのに先行き不安になってしまいますよね。

1つ1つの手続きをしっかりと最後まで行いましょう。

あなたの引越しが何も問題なくスムーズに進みますように。

Sponsored Link

サブコンテンツ

このページの先頭へ