パスポートを海外で紛失してしまった時の再発行と対処法!

楽しい思い出をたくさん残すはずだった
海外旅行で、トラブルに見舞われ残念な結果に。

という最悪の事態は避けたいもの。

ですが、海外旅行は思いも
よらないトラブルが起こらないとも限りません。

そして、海外旅行でのトラブルの1つとして、
最も多い問題が「パスポートの紛失」が上げられます。

そこで今回は、旅行先でパスポートを
紛失した場合の、再発行と対処方法について詳しくお伝えします。
   

Sponsored Link

パスポートを紛失して最初にすべき行動

パスポートは自分の身分を証明する大切なものです。

紛失してしまうと自分の身分を証明する
ことが出来なくなるだけでなく、帰国することもできません。

ですが、手続きを行えばパスポートの再発行、
又は渡航書を発行することが可能です。

そのためには、紛失に気がついたら
速やかに警察署へ申し出ましょう。

そこで事情を伝え、その後は現地の日本大使館へ連絡します。

旅行される前に事前に、
日本大使館の場所や連絡先を確認しておくと安心です。

また、日本大使館では日本語で対応
してくれますので、英語か苦手な方でも安心して相談できます。

再発行の手続き方法

まずは日本大使館の窓口に行きましょう!

「紛失一般旅券届出書」に必要事項を記入します。

警察署にて発行してもらった書類を提出し手続きを行います。

  • 紛失届の証明書
  • 写真【 縦45mm × 横35mm 】
  • 身分証明書(顔写真が付いているもの。運転免許所など)
  • 一般旅券発給申請書
  • 戸籍を確認できるもの(戸籍謄本か戸籍抄本)
  • 印鑑もしくは拇印

再発行されるまでに2週間程度かかります。

このようにパスポートの再発行には様々な書類が必要となります。

ですから、運転免許証やパスポートの番号と発給年月日のメモは、
パスポートとは別に保管することをおすすめします。

また、帰国するには
「パスポートの再発行」と「渡航書の発行」の2つの方法があります。

パスポートの再発行は新規発給申請に対し、とりあえず急いで帰国したいという
方に対して出される帰国許可を「渡航書」という形で発行されます。

どちらを選択すべきかは、残りの滞在日数などで相談してもいいですね。
   

Sponsored Link

パスポートを紛失しないための対処法

パスポートは紛失すれば、再発行などの手間や時間などがかかります。

さらには、悪用される可能性は低いですがゼロとは
言えませんので、海外旅行の際には大切に取り扱う必要があります。

それでは、簡単にパスポートを紛失しないための対処法をお伝えします。

  • パスポートを持ち歩かない
  • セーフティーボックスやフロントに預ける
  • チェーン付きのポーチに入れバッグやズボンなどに繋げる
  • 原本ではなくコピーを取って持ち歩く

パスポートを紛失しないためには、持ち歩かない事が1番ですが、
どうしてもというときはやはり「コピー」を取って持ち歩くのが最も安全です。

旅行中は楽しさのあまり気が緩んでしまいがちですが、
しっかりとした対策をすることでパスポートの紛失を避けることができます。

先ほどご紹介した対処法を参考にしてみてください。

まとめ

旅先でのトラブルはパスポート紛失以外にも言葉の問題や食事の面など様々!

もし紛失してしまった時の為の対策を考えておくことは、
海外旅行を安心して楽しむ為には大切なことです。

また、パスポート紛失対策として
「パスポートケース」がありますのでチェックしてみるのもいいですね。

せっかくの旅行が台無しになら
ないように。パスポートは責任をもって管理しましょう!

Sponsored Link

サブコンテンツ

このページの先頭へ