日焼けによるシミやそばかすの予防!正しいアフターケアが重要

強い日差しを浴びる毎日、お肌へのダメージも必然的に増えていきます。

日焼けの後の「シミやそばかす」気になりますよね。

シミ・そばかすの予防方法や、
日焼けをしてしまった後のアフターケアはどうしたら良いの?

今回は、そんな日焼けのお悩みについて詳しくお伝えします。
   

Sponsored Link

日焼けによるシミやそばかすの原因

なぜシミやそばかすができるのでしょうか?

お肌には、日の光に含まれる紫外線から肌組織を守るために、
「メラニン」という物質があります。

美白を気にする方は聞いたことがある人もおられるでしょう。

メラニンは、日の光を吸収し、黒褐色の色素を生成します。

メラニンの働き

メラニンとは、ヒアルロン酸、コラーゲンなどからできる
皮膚の細胞を紫外線から守るためなので、
無くなってしまうと皮膚組織を破壊してしまうことになります。

そのため、たくさん日の光を浴びるのと
比例してメラニンも増えます。これが日焼けの仕組みです。

そこから、お肌の新陳代謝が行われ、
新しい細胞が皮膚の奥底から押し上げられてきて、
黒褐色になった色素も古い角質として排出されます。

この期間は通常28日周期で行われ、これを「ターンオーバー」と言います。

ターンオーバーが上手くいくと、元の白い肌に戻りますが、
うまくいかないとメラニンが皮膚組織内にとどまり、シミやそばかすになります。

ターンオーバーがうまくいかない原因としては、
寝不足やストレスがあげられます。

日焼けの後のアフターケア

日焼け後はお肌がとても敏感になっていて、皮膚内の水分も減少している状態です。

まずはクールダウンさせてあげて下さい。

お肌ケアの具体的な方法とは?

冷蔵庫で冷やした化粧水などを付けるのが良いでしょう。

引用元:フルフリフリフラ

保湿効果も望めます。敏感肌用なら刺激も少なく安心です。

化粧水での保湿後は乳液でちゃんと蓋をしてあげて下さいね。

もし、ヒリヒリして敏感肌用の化粧水でも染みてしまう、
という場合は「軟膏」がおすすめです。

また内側からのケアとして、ビタミン類を摂取しましょう。

中でもビタミンEはお肌の新陳代謝を高め、
ターンオーバーを促進してくれる働きがあるので、日焼けに効果的です。

日焼けを防ぐための効果的なアイテム

日焼けを防ぐにはやはりなるべく日焼けをしないようにすることが重要です。

日焼け止めは基本ですね。

ノンケミカル 日焼け止め オードヴィーブ・サンスクリーン 30ml

こちらの日焼け止めは天然成分由来なのでお肌への負担が少なく、
美肌成分も配合されているので安心して使うことができます。

内側から予防したい時には、ビタミンA、C、E等の入った
サプリメントを摂取しましょう。

ビタミンA、C、Eは紫外線から肌を守ってくれる効果があります。

LIFE STYLE(ライフスタイル) マルチビタミン&ミネラル 90粒入

【 DHC直販サプリメント 】
ビタミンA、葉酸などB群、C、Eなど12種のビタミン 
マルチビタミン 徳用90日分

12種類のビタミンと11種類のミネラルがバランスよく配合された、
100%天然サプリメント!

まとめ

日焼けの予防対策をしてもいつのまにか焼けてしまっていた、
という例は多いものです。

日焼け後のケアで重要なのは「クールダウン」と「保湿」です。

じゅうぶんな睡眠やビタミンの摂取も効果的。

しっかりと対策をとって美白肌を目指しましょう!

Sponsored Link

サブコンテンツ

このページの先頭へ