お彼岸の時にお墓参りに行けない!困ったときの3つの対処法

仏様の供養をする「お彼岸」の時期と言えばお墓参り。

お墓のお掃除・お供え物の用意、自身の帰省の用意、
予定の調整など、何かとあわただしい時期ですよね。

例えば・・・。

仏様のお墓のある場所が遠くてなかなか行けない、
忙しくてどうしてもお彼岸の帰還に帰省できない…。

そんなお悩みをお持ちの方も多いのではないでしょうか?

今回は、お彼岸にお墓参りに
行けない際の3つの対処法をご紹介します。
   

Sponsored Link

対処法① 期間中より早い時期にお墓参りに行く

どうしてもお彼岸に都合がつかない場合、
できたら期間より早めの時期にお墓にお参りに行きましょう。

故人に、忘れてはいません・大事にして
いますと、尊ぶ気持ちを示すことができます。

もし、期間より前にお参りに行くことがむずかしいならば、
「お盆・お正月」に帰省した時にしっかりお参りしておきましょう。

お花や、お供え物を送る

お彼岸期間中にお墓に行けないようなら、
お供えするお花や、お菓子などを送るのも一つの方法です。

ネットでもお供えの花が注文できるので、忙しい方でも送りやすいです。

お菓子の場合、日持ちがして、小袋に分けてあるものが良いですね。

例えば、おせんべい・かりんとう等、
届いてからすぐに食べなくても良いものにしましょう。

ただ、はじめに無理をしてしまうと今後が大変になってしまいます。

「忘れていません」「行けなくてすみません」
その気持ちがこもっているのであれば、充分です。

対処法② 「行けなくて申し訳ありません」と連絡する

お彼岸期間に帰省できず、
気にすることは、旦那さんの実家に対する対応ですよね。

「どうして帰ってこないの?」と言われる前に、先手を打つことが大事です。

「今年はどうしても日程が合わず、申し訳ありません」
「お盆・お正月にはお墓参りします」と、事前に連絡を入れておくと安心です。

可能なら、旦那さんサイドからも連絡を入れてもらいましょう。

さらに、先にお話ししたように、贈り物の手配も忘れずに!

嫁から一言、息子から一言、
連絡があれば、きっと納得してくれるでしょう。

そもそも、仏様を尊ぶためのお彼岸ですから、
大切にする気持ちがあったら充分です。

ご自身でけじめをつけて、お盆・お正月に
気持ちを込めてお墓参りをすれば特に問題はありません。

対処法③ お墓参りの代行会社を使う

お家に仏壇がある場合は、仏壇のお掃除をして手を合わせましょう。

それだけでだいぶ気持ちがちがいます。

やはり、お墓参りに行きたいけどどうしてもいけない
場合などあると思いますが、そんな場合は代行会社を利用すると便利です。

お値段もお手頃で年に2回コース、
4回コースなどさまざまなプランを選ぶことができます。

一般的にはスタンダードコース(13,000円)は、
「通常のお墓参り+簡単なお掃除」

ライトプラン(7,000円)では、
お花・お線香をお供えするプランがあります。

このように仕事の都合で、お墓参りが
できない場合などは代行会社など利用するのもよいでしょう!
   

Sponsored Link

いつお墓参りをするのが正しいの?

ここむすが137名を対象に「どんな時にお墓参りに行きますか?」という
アンケートを取った結果86%の方が「お盆」に行くとの回答がありました。

その次に多いのが、「春や秋のお彼岸」という結果に。

引用元:ここむす

そもそもお墓参りはいつしたら良いのでしょうか?

普段のお参りは、本人の心次第ですので特に決まりはありません。

都合の良い時でよいのです。

ただ、「お彼岸や命日」は欠かせないようです。

お彼岸は、ご先祖さまや自然に
感謝をささげる仏道精進の期間で日本独自の仏教行事です。

そして、彼岸(ひがん)は西に、此岸(しがん)は東にあるとされています。

太陽が真東から昇って真西に沈む秋分と春分は、彼岸と此岸が
もっとも通じやすくなると考え、先祖供養をするようになりました。

  • 春彼岸 : 毎年3月の春分の日をはさんで前後3日、合計7日間です。
  • 秋彼岸 : 毎年9月の秋分の日をはさんで前後3日、合計7日間です。

まとめ

なかなか忙しくてお彼岸にお墓参りにいけない、
そんなときも、仏様を尊ぶ気持ちを一番に考えることが大事です。

きっとご先祖様もわかってくれます。

尊ぶ気持ちを大切にし、お墓参りをできるときは、
行けなかった分まで丁寧にお参りしましょう。

Sponsored Link

サブコンテンツ

このページの先頭へ