京都の大文字焼き2016年の日程は?おすすめのスポット3選

京都の夏の風物詩といえば、「大文字焼き」が有名ですよね。

正確には「五山の送り火」といいます。

夏の夜空に浮かび上がる
炎の文字は、とても幻想的で迫力があります。

今回は、2016の日程と大文字焼きを見るならここ!
というおすすめスポット3選をお伝えします。
   

Sponsored Link

京都の大文字焼き2016年の日程

日程:2016年8月16日(火)点火予定時刻は次の通りです。

  • 午後8:00:大文字(東山如意ヶ嶽)
  • 午後8:05:妙(松ヶ崎西山)・法(松ヶ崎東山)
  • 午後8:10:舟形(西賀茂船山)
  • 午後8:15:左大文字(金閣寺大北山)
  • 午後8:20:鳥居形(嵯峨曼茶羅山)

1分間の動画にて、
京都の大文字焼き概要を理解することができます。

今回が初めて参加するという方は、ぜひご覧になってください。

大文字焼の観賞おすすめのスポット3選

大文字焼の見物客は平日でも10万人を超すといわれ、
町中が人であふれかえります。

暗くなると山がどこにあるかわからなくなってしまいますし、
また火が灯っているのはたったの1時間程度。

送り火を満喫したいなら早めに場所を確保すべき!

京都の大文字焼きをホテルで鑑賞!おすすめの場所をご紹介します

ゆっくり見たいのであれば、
やはり早めにホテルをとるのが、最も最善な方法ですね。

① 同志社大学寒梅館

【東山如意ヶ嶽までの直線距離:約5 km】

東山如意ヶ嶽の大文字を見るなら鴨川堤防が一般的ですが、同志社大学寒梅館
7階にあるフレンチレストラン「ウィル」のテラスからもきれいに見えます。

8月16日の大文字送り火鑑賞会はフランス料理の
特別フルコースとワインなどのフリードリンク
がついており、毎年5月ごろに予約開始されるそう。

すぐに満席となってしまうので、
ご興味のある方はホームページを要チェックです。

french restaurant will (フレンチレストラン ウィル)

アクセス:京都市営地下鉄烏丸線 今出川駅2番出口より約100m

② 京都御所

【東山如意ヶ嶽までの直線距離:約4.5 km】

東山如意ヶ嶽の大文字を見る、もう一つのおすすめスポットです。

大文字が京都御所の真東にあり、
人気スポットのため見物客が大勢集まりますが、
御所がとても広いので混雑した感じがありません。

見物するなら清和院御門や乾御門から京都御所築地塀北側、
寺町御門から仙洞御所南、建礼門前あたりがよいです。

アクセス:京都市営地下鉄烏丸線 今出川駅3番・6番出口から徒歩5分

③ 京都霊山護国神社

複数の送り火を見たいなら、ここがおすすめ。

船形、左大文字、鳥居形の3種類を見ることができます。

坂本龍馬や中岡慎太郎など、明治維新にかかわった志士たちが
眠る神社で、霊山墳墓からは京都の街も一望できます。

拝観料300円(小人200円)

登り坂が急なので、歩きやすい服装が良いでしょう。

アクセス:JR京都駅、京阪四条駅、阪急河原町駅より
市バス祇園方面「東山安井」バス停下車、徒歩10分

まとめ

大文字焼はお盆の送り火。

お盆に帰ってきていた先祖の霊を
再びあの世に送るという、宗教行事の一環です。

荘厳な伝統行事を真摯な気持ちで堪能してください。

Sponsored Link

サブコンテンツ

このページの先頭へ