長崎のおすすめ観光スポット!ここだけは外せない名所とは?

長崎といれば、チャンポンやカステラ・稲佐山
などが有名ですよね

学生さんは学びも多く、一度は訪れてみたい観光スポット!

九州旅行を計画した時にやはり長崎は外せないです。

そこで、初めての長崎旅行ならここはぜひ行ってほしい!
という名所をご紹介したいと思います。
   

Sponsored Link

2015年7月に世界遺産登録・長崎グラバー園

国指定重要文化財の旧グラバー住宅・旧リンガー住宅・旧オルト住宅を核に、
市内に点在していた6つの明治期の洋館を移築復元したものです。

そして、2015年新たな世界遺産が誕生したのが
グラバー園にある、「旧グラバー住宅」

「グラバー邸」の名でも親しまれる和洋折衷の美しい洋館です。

私は、小学生の時の修学旅行で行って以来、
20数年ぶりに長崎の地を訪れました。

やはり、グラバー園から眺める長崎の町は、
何度来ても新鮮に感じ心が落ち着きますね。

世界中から注目される世界遺産、これは観光では外せませんね!

大人 高校生 小学生
個人 610円 300円 180円
15名様以上の団体 510円 240円 140円

【アクセス】

  • 電車:(所要時間:約25分)

    JR長崎駅→(路面電車「大浦天主堂下」もしくは「石橋」下車(約15分))
    →グラバー園(徒歩8分)

  • バス:(所要時間:約50分)

    長崎空港→空港連絡バス「出島道路経由」→「長崎新地バスターミナル」
    下車(約35分)→グラバー園(徒歩約15分)

  • 車:(所要時間:約55分)

    長崎自動車道・長崎IC→ながさき出島道路→グラバー園

2015年7月に世界遺産登録・長崎軍艦島

長崎港から南西約18kmの海上に浮かぶ、面積6.5haほどの小さな島「端島」

その島こそが有名な「軍艦島」と呼ばれる島です。

あの進撃の巨人のロケ地にもなった、有名な場所ですね。

日本で最初の鉄筋コンクリート造りの高層アパートが建設され、
それが今なお廃墟となって残っている姿が、人気の理由です。

まるで軍艦のように見えることからこう呼ばれています。

軍艦島へ行くツアーに参加すれば、
昔の昭和へタイムスリップして冒険する気持ちが味わえそうです!

代表的なクルーズ船会社の料金と所要時間

  • やまさ海運

    2時間30分

    乗船料:大人4200円、中高生4200円、小人2100円
    端島見学施設使用料:大人300円、中高生300円、小人150円
    ※未就学児は保護者同伴での乗船可、上陸不可で船内待機。

  • 軍艦島コンシェルジュ

    2時間30分

    乗船料:大人4000円、中高生3300円、小学生2000円
    端島見学施設使用料:大人、中高生300円、小学生150円
    ※未就学児乗船不可

【アクセス】

軍艦島へ上陸するには、各船会社が運航している
軍艦島上陸ツアーに参加する必要があります。

各船会社は長崎港から出港。

長崎港までのアクセスをご紹介します。

  • 市電大波止電停より:徒歩2分
  • JR長崎駅より:徒歩10分
  • 長崎空港より:車で1時間
  • 長崎出島道路出口より:約5分

長崎ハウステンボス

ハウステンボスは、長崎県佐世保市にあるテーマパークです。

毎年2月~4月まで行われるチューリップ祭りは、
国内で最も多い700品種のチューリップを見ることができます。

引用元:travelbook

オランダの街並みを再現し、テーマはヨーロッパ全体で、
まるで外国にいるかと錯覚を起こしてしまうほど。

東京ディズニーリゾートの1.5倍の敷地面積で、
単独テーマパークとして日本最大規模を誇ります。

季節には色とりどりの花が咲き乱れるので、
景色も十分楽しむことができ、老若男女が楽しめること間違いなしです!

また、ハウステンボスは日本最大級のカウントダウン花火
が、有名で全国各地からたくさんのお客さんが集まります。

引用元:ながさき旅ネット

クリスマスから年末年始にかけては、
なんと!19万人以上の来場者が・・・。驚きですね。

さらに、ハウステンボスは、一年中
イルミネーションを楽しむことができるんですよ!

ハウステンボスのイルミネーション!2016年の期間と見どころとは?

昼間の顔とは違う夜の
イルミネーションを楽しんでみてくださいね。

ハウステンボスの施設利用料金

  • パスポート(対象施設利用込み)

    大人6500円、中高生5500円、小人4100円、シニア6000円

  • 満喫チケット(一部施設利用込み)

    大人4500円、中高生3500円、小人2200円、シニア4500円

  • 散策チケット(対象施設利用無し)

    大人4000円、中高生3000円、小人1700円、シニア4000円
    ※3歳以下無料

アクセス

ハウステンボスへは博多駅、長崎駅、長崎空港から
それぞれ直行便が出ているのでそれぞれご紹介します。

ハウステンボスへの詳しいアクセス方法

  • 博多駅から電車で(所要時間:約1時間45分)

    高速バス:(所要時間:約1時間56分)

    車:(所要時間:約1時間55分)

  • 長崎空港から船で(所要時間:約50分)

    バス:(所要時間:約50分)

  • 長崎駅から電車で(所要時間:約1時間30分)

    高速バス:(所要時間:約1時間21分)

    車:(長崎自動車道・東彼杵ICから約25分、
    西九州自動車道・大塔ICから約10分)

まとめ

長崎の魅力はやはり異国情緒あふれる街並。

そして昭和の日本へも行けてしまう島々など、
日本のほかの地域にはない魅力がいっぱいあります。

初めて長崎を訪れるとき行く場所に悩んだら、今回ご紹介した
3つの場所へ行けば、充実した長崎旅行になること間違いなしです!

また、長崎には日本三大くんちの一つと
いわれる、長崎くんちが10月に行われるんですよ。

長崎くんちの庭見せin2016のスケジュールとは?

思う存分、長崎の町を堪能してくださいね。

Sponsored Link

サブコンテンツ

このページの先頭へ