自転車の傘さし運転の罰則!危険性は知らないでは済まされない

自転車の傘さし運転が危険運転とみなされ「罰則」
課せられるというのは随分と認知されましたが、
それでも雨が降れば傘をさして運転してる人を見かけますね。

あ~~危ないっ!ぶつかるっ・・・。ガッチャ~ン。

私のお友達は傘さし運転の自転車とぶつかり、肋骨を骨折する大けがを
したことがあります。自分だけのけがで済めばいいのですが、相手をケガ
させてしまっては傘をさしてしまったことへの後悔しか残りません。

それだけ傘さし運転は危険なんです。

そんな自転車の傘さし運転への罰則や危険性について知って
いただきたいとの思いから記事にし、最後に実際に起こった
傘さし運転事故の体験談を3名の方に語っていただきました。
   

Sponsored Link

傘さし運転への罰則とは?

自転車の傘さし運転への罰則は、2015年の6月から施行され、
3年の間に2回違反すると「自転車運転者講習」を受講せねばなりません。
この自転車運転者講習の受講命令が出されて
から3ヶ月以内に講習を受けるようにして下さい。

受講時間は3時間で手数料が5,700円

この命令を無視した場合は、罰金5万円が請求されるので、
絶対に期日以内に講習に出向くようにしてくださいね。

自転車の傘さし運転の罰則は:5万円以下の罰金

これが傘さし運転の場合の罰則です。

軽い気持ちで傘をさしたとはいえ、5万円は痛いですよね。でも、傘をさした
だけと思っていても危険運転として扱われることを「知らない」では済まされません。

また、道路交通法によって定められた違反内容ですので、
交通安全協会から命令が出れば応じる必要も出てきます。

★ 傘さし運転の他にも、自転車の危険運転は細かく区分されています。

  • イヤホンを使いながらの運転
  • 携帯電話の使用運転
  • 夜間の無灯火運転
  • 飲酒運転
  • 車道の右側通行

イヤホンは片耳だけなら大丈夫なのと思いますが、実は自治体によって
OKの場合とそうでない場合があるのです。ちなみに東京都では、片耳で
あっても「注意を受けることがある」と警視庁の担当の方が言われています。

また、車道の右側通行においては、3ヶ月以下の懲役刑と
5万円以下の罰金と思いもかけずに懲役刑の適用も考えられます。

安全の為にごく当たり前に教えられる夜間の無灯火運転も
携帯電話のながら運転も5万円以下の罰金です。

罰則は14歳から適用されます

自転車による事故発生は20~40代の若く、
注意力がある世代が全体の半分以上を占めています。

未成年も14歳以上は罰則の対象となりますので、自転車を移動に
利用しているお子さんも注意が必要です。自転車は子供でも乗れる
ことから気楽に考えられがちですが、罰則の適用は14歳からです。

くれぐれも事故のないよう小さいころからの自転車のマナーは
親がしっかりと教える必要があるということですね。

万が一、人身事故に発展すれば、刑事罰も適用され
その場合「業務上過失致死傷罪」が適用されます。

自転車同士の場合は「重過失傷害罪」となり、50万円以下の罰金です。

このように、自転車は手軽に利用できる反面ぶつかれば凶器にかわります。
その点も十分認識する必要があるということですね。大人も道路交通法の
項目で自動車だけでなく、自転車を利用する上での法律を勉強するようにしましょう。

では、次は実際に傘さし運転で起こった事故についてみていきたいと思います。
   

Sponsored Link

実際に起こった傘さし運転の事故とは?

Q1.:傘さし運転が違反に当たることはご存知でしたか?

Q2.: 自転車の傘さし運転をしていて危険な目にあったことはありますか?

A:今は知っているが、危険な目に合った当時は知らなかった

A:現在30代前半の主婦です。私は、20代前半に傘さし運転をしていて
事故に合い手術をした経験があります。現在は、違反と言うことを
知っておりしていませんが、当時は違反と知らず普通にしていました。

いつもは、透明のビニール傘を使用しせめてもの視界を良くして
いましたが、事故に遭った日は色つきの傘で視界が悪い時でした。
雨はザーザーと言うほどではなかったですが、傘なしでも行けない状態でした。

事故に合ったのは、右に曲がろうとした時に後ろから来ていた
直進する自転車とぶつかり横転したことが理由でした。相手の方も
血が出るほどの傷を負ってしまいましたが、手術を要するけがは
ありませんでした。

私は、右足首を骨折しその後手術、ギブス生活という散々な目に
遭いました。それからは、自転車での傘さし運転はもちろんやめています。

A:その時は知りませんでした。

A:あれは台風が近づいてきていたある大雨の日でした。当時、就職活動の
真っ直中で自転車で駅に向かっていたのですが、面接を控えていた
私はスーツを濡らさないように傘をさして運転していました。

雨で視界が悪く前方が全く見えておらず、前から歩いてきた人にぶつかりかけました。
とっさにハンドルを切って難を逃れたのですが、雨のせいでブレーキが全く効かず、
道路横の草むらに突っ込んでしまったのです。

幸いにもかすり傷一つなかったのですが、危うく大事故に繋がっている
ところでした。自分を守るために悪気なく使っていた傘が、
人の人生を狂わしかねないと実感した出来事でした。

A:学生の時は知らなかったけど、最近自転車の
法律ができて調べてみたら違反になることがわかった。

A:学生の時に、自転車通学していたのですが家の前が下りの坂道に
なっています。その日はゲリラ豪雨みたいな雨が降っていて
傘を差しながら自転車を片手運転していました。

勢いよく坂道下りている時に傘がコウモリ傘になってしまい、
テンパって慌ててるうちに自転車のハンドルがとられてしまい、
体から地面へ叩きつけられてしまいました。

ズボンの膝部分は見事に破れ、血が足から滴り落ちていて、
雨にも当たりビショビショになりならがら家に着くとおかんに
「どっかの戦争にでも行ったんかいな」と突っ込まれました。

さすがにあの時はなにも言えず、
黙って体を拭くためにお風呂場にタオルを取りにいきました。

まとめ

私自身は比較的、自転車での移動の機会は少ない生活をしています。
ですが、仕事で東京に行った時に自転車で移動する人が増え、
道を歩くのも少しヒヤヒヤすることが昔よりも増えました。

人も設備も多く、無理に自動車による移動が必要のない地域では
バスや地下鉄と同じように頻繁に自転車は利用されるんですよね。

そんな時、車の運転についてはよく利用するので意識することが多いの
ですが利用しない自転車については注意を払っていませんでした。

自転車の危険運転の罰則はニュースで少し聞いたかな?程度に思って
いましたが、実際に道を歩いていると怖いことも多いです。歩行者側で
いることが多くても安全のために知っておくべきと思い最低限の部分
ですが少しでも自転車事故が減ってほしいとの思いから調べてみました。

歩行者でいても傘をさすと視界が変わりますし、ながら移動は注意を
欠いてしまいます。単に自転車で傘をさしたときだけでなく、自分が
歩いている時の目線に立つと罰金以前に危険があることが認識できますよ。

自転車の片手運転の上に、視界も狭くなる傘さしは事故の危険が上がる
ことを意識できるはずです。自転車の傘さし運転が罰則であることを
メインにしましたが他の罰則適用事項にも目を向けるようにしましょうね。