佐賀バルーンフェスタ2016の日程と祭りの楽しみ方をチェック

私の住む福岡から車で約一時間ほどで行くことのできる「佐賀県」

有田焼や伊万里焼、サガン鳥栖、呼子のイカなどは有名ですが、これが
すべて佐賀のものである認識が薄いのは、私としてはちょっと残念なところ。

今回紹介したものが、佐賀のものであると
初めて知った方もいるのではないでしょうか?

そんな佐賀県ですが、11月にはロマンチックな風景が見られる
「佐賀バルーンフェスタ」が2016年も開催されますよ。

そこで気になるのが日程と楽しみ方。
さらには、屋外で行うので雨が降った場合はどうなるのかが心配なところ。

今年は、昨年までと違い「熱気球世界選手権」が佐賀で行われる
ということで私も実際に行ってみようと思いましたので、
初めての方でも楽しめるよう詳しく情報を調べてみました。

佐賀バルーンフェスタ2016年の日程

期間:10月28日(金)〜11月6日(日) 6:45〜19:30頃

総数 187機(31の国と地域から)

場所:佐賀県佐賀市 嘉瀬川河川敷

問い合わせ先:0952-29-9000

最寄り駅:バルーンさが駅
(大会期間中は長崎本線「鍋島駅」〜「久保田駅」の間に開設)

佐賀バルーンフェスタといえば期間中には、
およそ80万人の観客が訪れるほど人気のあるイベント。

でも、2016年の今大会の「佐賀バルーンフェスタ」は一味違いますよ!
というのも、2年に1度開催されている「熱気球世界選手権」
が19年振りに佐賀で開催されることになりました。

しかも、1973年から始まったこの熱気球世界選手権ですが、実は、
前回大会(2014年)の優勝者は初の日本人(藤田さん)の方だったんです。
今大会は、前回大会優勝者の藤田さんも出場予定で、
過去3番目に多いバルーンの参加機数、全31ヵ国の出場で105機を予定。

2016年は特に混雑が予想されますが、
間違いなく例年以上に盛り上がることでしょう。

佐賀バルーンフェスタのスケジュール

実は、日によって開催時間や終了時間が
変わるので詳細スケジュールをお伝えします。

あなたが行きたい日程と競技内容をしっかりと確認してくださいね。

★ 参加機数、全31ヵ国の出場で105機
  • フェスタ部門25機(日本国内15機・国外10機)
  • バルーンファンタジア12機(日本国内8機・国外4機)
  • 熱気球ホンダグランプリ-最終戦26機(日本国内23機・国外3機)
  • オフィシャルバルーン19機(日本国内19機)

すべてを合わせると、31の国と地域から総数 187機がこの佐賀に集まります。

佐賀バルーンフェスタの楽しみ方とは?

バルーンフェスタで行われる競技とは、熱気球を目的地に
向かって飛ばし誰がより目的地に近い場所へ砂袋を落とせるかを競うものです。

今までは、外国の地で開催されることが多かったため、
この景色を見ると海外の風景というイメージですよね!

しかし、今年は日本で見ることが出来るのです。
佐賀バルーンフェスタの楽しめるイベントはこれだけではありません。

おススメは夜の夜間飛行

特に佐賀バルーンフェスタで
おススメしたいのが、夜に開催される夜間飛行!

「ラ・モンゴルフィエ・ノクチューン」

これは、夜間係留ともいわれ夜に行われるイベント。バンドの
生演奏に合わせ、気球をバナーの炎で照らしライトアップします。

昼間の可愛らしい気球とは、正反対のクールで美しい
表情を見せてくれるというような感動的なイベントになっています。
すごく幻想的で彼女がいる方はロマンチックで心癒されますよ。

★ 子供に人気の「バルーンファンタジア」!

人気のアニメキャラクターや動物がバルーンとなって登場します。
とても大きく、可愛らしいバルーンに子どもは釘付けで、
大人も感動するほどの迫力もありますよ!

また、気候の条件が良い場合に限り、
間近で見ることの出来るゾーンまで入ることが出来ます。

しかし、午後になると気温が上がり風が吹きやすくなるため、
条件が悪い場合にはすぐに畳んでしまう可能性が大いにあります。

出来れば、早めに来場するのをオススメします。
   

Sponsored Link

雨天や強風による中止はないの?

熱気球というのは、天候によって
大きく左右されやすいという弱点があります。

気球は、雨に濡れてしまったり風に
煽られてしまったりすると上手く飛べないんですよ。

2015年の大会だけでも2度の中止

お客さんや乗っている方が、危険にさらされてしまう
可能性も考えられるので中止になることもしばしば・・・。

2015年の佐賀バルーンフェスタ中止事例

  • 10月31日に強風のため午後は中止。
  • 11月1日は天気が悪くなってしまい中止。

2015年だけでも2度中止になるほど、
全日バルーン日和になることは可能性的に残念ながら低いのです。

それだけ気球はデリケートなものなんですね。そのため、基本的に競技が
始まる30分前にならないと開催で出来るかどうかもわからないのが現状。

30分前になるとアナウンスで流れたり、
公式サイトで随時発表されたりするので気にしておきましょう!

しかし、例年の飛行状況を見ていると午前の部は比較的天候が
良いようですね。午後になると、天候も変わりやすくなって
しまうので中止になることが多いようです。

出来るだけ、午前の部に行くと見られる可能性が高いですよ!

まとめ

2016年の佐賀バルーンフェスタは、
10月28日から世界大会も兼ねて始まります。

でも、安心してください!

初めての方でも、楽しめるイベント
ばかりなので気軽に参加出来ますよ^^

一度は、あの素敵な風景を見ておきたいところです。

それでは、2016年の秋は存分に楽しんでくださいね!

Sponsored Link

サブコンテンツ

このページの先頭へ