土浦花火大会in2016!桟敷席チケットの倍率と購入方法

毎年10月に行われる「土浦花火大会」は、
2016年の今年、85回を数える人気の花火大会です。

正式名称は「土浦全国花火競技大会」といい、
全国から花火職人の方が集まり花火で競うというイベント。

競技大会ということもあり、大迫力の
花火が続くため全国で1位を誇るほどの人気ぶり。

そして、人気の花火大会で
気になるのは桟敷席のチケットの倍率や購入方法。

今回は、倍率や購入方法を中心に残念ながら外れてしまった方
でも、楽しく花火を見られる穴場な場所を詳しくご紹介していきます!
   

Sponsored Link

土浦花火大会!桟敷席の倍率と購入方法

2016年も10月1日(土)に開催されることが決定。

そこで、気になるのがやっぱり「桟敷席」ですよね。

  • 全マス 21,000円 6人まで(およそ1.7m×およそ1.7m)
  • 半マス 10,500円 3人まで(およそ1.7m×およそ0.85m)

この2種類の桟敷席が用意されます。

土浦花火大会桟敷席の倍率とは?

しかし、倍率が高く入手するのが難しいのです。

毎年、土浦花火大会桟敷席の倍率はおよそ
「10倍〜15倍」といわれています。

引用元:土浦全国花火競技大会

今までは購入方法の一つとして、
窓口申し込みがあり先着順で貰えたのですが・・・。

今回は窓口申し込みでも抽選になってしまったため、
さらに競争率は高くなると予想されているんです。

また他にも、インターネットでの
申し込みと電話での申し込みがあります。

例年では、7月下旬から申し込みが開始し8月上旬に
当選者発表
となっているので、2016年もほとんど変わらないでしょう。

団体での桟敷席申し込みは6月に申し込みが開始されます。

ちなみに、団体での申し込みは抽選ではありませんので安心してください。

大人数で見るなら団体での申し込みの方をオススメします!

しかし、毎年のように申し込みの決まりが変更されているので、
申し込みの時期が近くなったら公式サイトでこまめに確認すると良いですよ!

土浦花火大会の見どころは?

およそ60社が参加し、2万発もの
花火が打ち上げられる大規模な「土浦花火大会」

花火の発色や開き方を競う、10号玉の部や
新しい技術を使った型物などの花火を競う創造花火の部。

そして、様々な種類の花火を組み合わせて、
速射連発し競うスターマイン部の3部構成で審査していく大会です。

大会の見どころは、なんといっても「スターマイン部」

この日にこの場所で、スターマインの日本一が決まるといわれています。

全国の花火に誇りを持つ、職人さんたちが集まるため
日本の中でも、最もクオリティーが高いスターマインが見られますよ!

他の部門も、もちろん見逃したくないほど美しい花火が打ち
上げられるので、出来れば早めに行って全ての花火を堪能したいところ。

毎年多くの人が訪れるのも納得の大会になっています。

また、土浦花火大会の桟敷席が見事当選したら強運の持ち主ですね^^

桟敷席から眺める花火はやっぱり一味違います。

ド迫力の花火を桟敷席で楽しみたいですね!
   

Sponsored Link

桟敷席で抽選が外れた人!おススメ穴場スポット

桟敷席の抽選が残念ながら外れてしまった・・・という方も大丈夫!

あまり混雑していない所でゆったり花火を鑑賞しませんか?

それでは、花火がキレイに見られる穴場スポットを3つご紹介しますね。

土浦花火大会の会場は、
茨城県土浦市 佐野子 桜川河畔 学園大橋付近です。

グーグルマップでルート検索する場合は、
「土浦花火大会打ち上げポイント」で検索してください。

① 国民宿舎水郷の周辺

会場から4.5km離れた場所(徒歩55分ほど)

会場最寄り駅:「JR土浦駅」から2.5km離れた場所(徒歩30分ほど)

住所:茨城県土浦市大岩田255

ここは、地元の人たちしかいないのでは?

というほどあまり混雑しない穴場スポットです。

会場からは少し離れた場所になってしまうため、迫力は小さくなって
しまいますが、周りに邪魔するものがないので十分に花火が楽しめます。

ゆったりと見たい方にオススメのスポット!

② 宍塚公民館

会場から1.5km離れた場所(徒歩18分ほど)

会場最寄り駅:「JR土浦駅」から4.2km離れた場所(徒歩53分ほど)

住所:茨城県土浦市宍塚2070

こちらは、比較的会場からは近いため迫力は少しあるといったところ。

あまり知られていない穴場中の穴場であるため、人が少ないのが特徴です。

また、周りに高い建物がないのでスッキリとした視界で花火を楽しめるスポット!

少し近くで見たいけど、空いている場所が良いという方にオススメ!

③ 桜川沿いの土手

会場から550m離れた場所(徒歩7分ほど)

会場最寄り駅:「JR土浦駅」から2.9km離れた場所(徒歩36分ほど)

会場の近くにある桜川沿いの土手という穴場スポット。

無料なのに、会場に近いため会場さながらの迫力を感じることが出来ますよ!

とにかく近くで花火を見たいという方にオススメ!

まとめ

桟敷席が全て抽選になっているため倍率は
さらに高まりそうですが、やっぱり桟敷席で見たいところ!

ぜひ、桟敷席を勝ち取れると良いですね^^

毎年、最先端の技術を駆使して作られる花火は、
他では見られない迫力を感じさてくれますよ。

2016年の花火はどんな花火が見られるのか楽しみですね!

Sponsored Link

サブコンテンツ

このページの先頭へ