合コンでモテる人気の職業って何?安定Vs高給取り

合コンというとあまり良いイメージがわかない人が多いと思いますが・・・。

実は、合コンから発展してそのままゴールインってカップルが増えています。

でも女性なら、どうしても結婚相手にある程度の収入を望んでしまいますね。

それは、万が一の時に仕事をやめてもいい環境を提供してくれる男性、
何かあった時にお金に困らない生活を提供してくれる男性だったりするのです。

それでは実際に合コンで女性にモテる「人気の職業」をご紹介します。
   

Sponsored Link

安定&堅実:公務員

不況の世の中にあってもリストラされない、安心安定の公務員。

残業も比較的少ないので、子育ても一緒にやってくれる
「イクメン」になってくれそうなところも人気です。

実際、公務員になる人って見た目も性格も堅実そうですよね。

恋愛と結婚は別、といいますが、「家庭生活は気もちの安定した人と送りたい」
と思うと、公務員が人気なのは納得です。

公務員の中でも特に人気が高いのは「自衛隊」です。

昔はそんなに人気が高い職業ではなかったとは思いますが、
最近やたらとテレビで自衛隊がお見合いなどをやることもあってか
ものすごい人気です。

安定と高給が組み合わさった人気のモテル職業と言えるでしょう!

高学歴と高収入の職業

絶対的に人気のある職業はやはり、高学歴と高収入を兼ね備えたエリート。

ではどのような職業でしょうか?

高学歴&高給取り:医師

「頭が良く、人の命を救うために働いている人ってカッコいい」。

女性ならずとも、子供のなりたい職業上位にいつも上がる職業です。

開業医ともなると、定年もなく、収入も良さそう……。

しかし、そんな医師との出会いはそうそうなく、
実際、お医者さんは職場結婚することも多いようです。

もし出会う確率の少ない医師と合コンする
機会があったら、女性は気合が入ってしまいますね。

憧れの仕事:飛行機のパイロット

小さな頃からパイロットを夢見て勉強してきた人だけが
なれるイメージのある職業ですよね。

周りにはなかなかいない職業のため、女性にとってあこがれも強いようです。

制服姿もピシッ ” ときまり、職人のように自分を厳しく律しているのも、
女性が「ステキ ♪」と思う要素です。

グローバルに活躍:商社マン

世界を股にかけて飛び回る商社マン。

その華やかでやり手なイメージが女性には魅力です。

「人脈も会話力」もある人が多いため、一緒に過ごすと楽しそうだし、
ステキな食事処やホテルのラウンジにも連れていってくれそう。

ただ、外にエネルギーが向いている分、
「人たらし」の部分もあり、かなりモテます。

合コン相手としては申し分ありませんが、
落ち着いた結婚生活ができるかどうかは、その人の性格次第かもしれません。
   

Sponsored Link

経営者になる

個人経営をするというのは、男としてのあこがれでもあります。

では、どのような経営者が人気なのでしょうか?

頭が良く人情派:弁護士

数ある試験の中でも、特に難関である司法試験を合格した
「選ばれた職業」というイメージの強い弁護士。

訴訟の数には限りがあり、皆が皆リッチではないのが現状ですが、
「弁護士」という名前に魅かれるのは今も昔も変わりません。

テレビドラマの影響で、「人情派」「皆に尊敬される」
イメージが定着しているのも、人気と関係があるかもしれませんね。

独立して事務所を構えれば「高収入」を手にすること
間違いなしの人気の職業ですね ^ ^

社長夫人になれる:個人経営

大中小と規模は違っても、経営者は企業のトップ。

ビジネスをひっぱっているところがカッコいし、
立派な家に住んでお金を持っていそうなイメージです。

私の周りでも、「起業して、ベンチャーやっています」
という人が増えています。

その世界をよく分からない女性からしたら、
「へえ~すごい♪」と興味をそそられ、その行動力に魅かれます。

まとめ

結果、安定Vs高給取りではどちらが人気かというと、
今の時代「安定」ということが分かりますね。

継続的に高いお給料を持ってきてくれるのならばいいのですが、
一時的に、というのならばやはり「安定」を選ぶ女性が増えるのは分かる気がします。

あとは、女性が何に優先順位を置いているかということになりますね。

そして、意外と女性が知りたがっていることって、
相手の「貯金額」だったりします。

30代の独身男性の貯金額!女性が結婚相手を決める基準

お金で相手のことを決めるのは良くはないと思いますが、
やはりないよりあった方がいいのが「お金」

結婚を考えているのら貯金は必要だということですね。

Sponsored Link

サブコンテンツ

このページの先頭へ