隅田川花火大会の日程in2016!穴場の場所を教えちゃいます

カップルで行きたい日本一の花火大会といえば・・・
「隅田川花火大会」

そろそろ日程をチェックして、2016年の夏の思い出作りを計画しましょう!

今回は、人混みは嫌、落ち着いて花火を見たい!

そんなあなたのために、キレイに見える穴場の場所を教えちゃいます。
   

Sponsored Link

隅田川花火大会2016年の日程

毎年、7月の最終土曜日に開催されていますが、
今年は何日なのでしょうか?

日時:7 月30日(土)

  • 第一会場・・・19:05〜20:30
  • 第二会場・・・19:30〜20:30

(小雨の場合は決行、大雨の場合は翌日に延期。
また両日開催できなかった場合は中止になります)

中止になるかどうかの発表は、例年午前中のうちに
「隅田川花火大会公式サイト」に発表されるので、気にかけておくと良いでしょう。

  • 場所:第一会場(桜橋下流〜言問橋上流)第二会場(駒形橋下流〜厩橋上流)
  • 問い合わせ先(03-5608-1111)墨田区文化振興課
  • 打ち上げ数:約2万発 最大玉号数:5号玉
  • 有料席チケットあり
  • 前回の来場者数:約95万人

また、隅田川花火大会は混雑が予想されますので、
事前に会場への最寄り駅をチェックしておいてくださいね。

隅田川花火大会の会場に近い最寄り駅とは?アクセスをチェック!

混雑しない駅も紹介していますので、参考にしてください。

隅田川花火大会の穴場ベスト3

隅田川花火大会ってとにかく混んじゃうんですよね・・・。

せっかくカップルで行ったのに、ガヤガヤして終わりなんて悲しいです。

そんなカップル必見!二人でゆったり美しい花火を眺められる場所を紹介しますね^^

  1. 東白鬚橋公園(墨田区堤通2-2-1)

    最寄り駅:東武スカイツリーライン「鐘淵駅」

    何と言っても、ゴザを無料で貸し出してくれるのが嬉しい!

    そして、混雑具合もほどほどなので比較的ゆったり
    鑑賞することが出来る場所です。

    場所によっては、木で遮られてしまって見えにくい場所もありますが、
    木があまりない場所を取れれば最高の穴場鑑賞スポットですよ!

    花火を見ながら二人で話したり・・・
    なんて、ロマンチックで憧れるシチュエーションですよね^^

  2. タワーホール船堀 展望塔(江戸川区船堀4-1-1)

    最寄り駅:新宿線 「船堀駅」

    会場からは少し距離があるため、花火は少し小さめに見えてしまうのが欠点。

    しかし、第一会場と第二会場両方の花火が見られる
    贅沢な場所でもあるんですよ。

    また、展望塔があるのですが・・・なんと入場料は無料!
    もちろん、そんなに混雑しないのでゆったり出来ます。

  3. 両国国技館周辺(東京都墨田区横網1-3-28)

    最寄り駅:総武線 両国駅

    会場から距離はありますし、花火も小さくなってしまうため、
    まず混雑することはありません。

    お互い仕事していたりして忙しいし、
    早くから良い場所を取るというのは難しい・・・

    でも、二人で花火大会の雰囲気を味わいたいというカップルにオススメ!

   

Sponsored Link

テイクアウトグルメで楽しむ

花火大会といえば屋台もあるし、夏を感じるけど・・・
穴場に行くとどうしても屋台はありませんよね。

そんな時は、テイクアウトグルメで二人だけの特別な思い出を作りましょう!

美味しいテイクアウトグルメが食べられるお店をご紹介しますね^^

① レストラン クインベル(墨田区石原1-25-5)

サーロインステーキランチが特に人気のお店!

上質な牛肉を使用しているため、
とても食べやすく胃がもたれるということもありませんよ。

ここでオススメしたいのが「牛ヒレカツサンド」、
このメニューはテイクアウトが出来るんです。

  • 火〜金曜日:11:30〜14:30/17:30〜21:30
  • 土・日・祝日:12:00〜15:00(ラストオーダー 14:30)
  • 定休日:月曜日
  • 問い合わせ:03-3623-1222

② 浅草花月堂(台東区浅草2-2-10)

浅草名物にもなっているとにかく大きい「めろんぱん」がオススメ!

見た目のインパクトだけじゃなく、味はもちろんのこと香りも良く、
外はサクっ!中はフワッとした食感までもう大満足!

もう一個食べたいなと思うくらい絶品の一品。

私も食べたことがあるのですが、香りの強さと食感の良さに驚きました!

  • 9:00〜ジャンボめろんぱんが無くなり次第閉店
  • 定休日:なし(臨時休業の場合は公式サイトに記載されます)
  • 問い合わせ:03-3847-5251

まとめ

穴場は会場から少し距離があるので、花火の迫力を楽しむというよりも
二人で花火を楽しめる場所を紹介しました。

花火までの時間や、穴場スポットに向かうまでの時間は
テイクアウトグルメで楽しんでみてください!

また、花火は楽しみたいけど混雑が嫌いな方には「屋形船」
を利用して花火を間近で見ることができます。

隅田川花火大会を屋形船で観賞!気になる料金や予約方法とは?

二人だけの素敵な夏の思い出が出来るといいですね^^

Sponsored Link

サブコンテンツ

このページの先頭へ