夏野菜の栽培は超簡単!プランターでも失敗しない育て方

夏野菜の代表といえば「トマト・ピーマン・きゅうり・大葉」など

そんな夏野菜、
手軽にプランターで栽培できるってご存知でしたか?

冬野菜に比べて夏野菜は「実」の野菜が多く、
プランターでの栽培がしやすいものが多いのです。

今回は、プランターでも簡単で失敗しない育て方をお伝えします。
   

Sponsored Link

まず、準備をしましょう!

プランター栽培なら道具もほとんどいりません。

必要最低限のものを用意し、気軽にはじめてみましょう!

【 そろえて置くと便利なもの 】

  • プランターの準備
  • 道具移植ごて(シャベル)
  • 剪定はさみ(収穫、手入れ時に使用)
  • 良い土にする為にふるいを使用
  • 鉢底ネット
  • 支柱とひも
  • ジョウロ

ほとんど100円ショップや、ホームセンターで手に入ります。

汚れてしまうものなので、
安くてある程度丈夫なものならば、どんなものでもokです。

プランターは、育てる野菜や量に合わせて、大きさを選択。

土や肥料も野菜用や、ハーブ用等細かく
分かれているので、用途に合ったものを選びましょう。

裏技!!実はプランターなしでも野菜は育つんです

できる限り栽培にお金をかけたくない方は、栽培用の土に
直接野菜を植えることで、プランターを買う必要がなくなります。

その際、袋の底には余分な水が流れるよう、
数か所穴をあけることを忘れないようにしましょう!

トマトのガーデニングは袋栽培がおすすめです。

初心者におすすめ!育てやすい夏野菜

ホントにベランダで野菜が育つの?
そんな疑問をお持ちの方ぜひ取り組んでいただきたいプランター栽培!

育てやすいものが多い夏野菜ですが、
その中でも特に「初心者向けの野菜」をご紹介します。

育て方の中で、種まき時期を書いていますが、
初心者さんは苗を購入して栽培することをおすすめします。

苗の購入の際には、「接ぎ木」と書いてあるものを選びましょう!

少し値段は上がりますが、病気になりにくく実もたくさん
なりますので、ほとんどといっていいほど、失敗することはありません。

なすびの育て方

花が咲いたら必ず実がなると言われる「なす」

先ずは、ここからはじめてみてはいかがでしょうか?

種まき時期は2~4月、そこから植えつけをしてさらに収穫を待ちます。

少し時間はかかりますが、すくすく育っていくさまはなんだか元気づけられます。

さらに、なすの花はとてもきれい。花まで咲いたらあとは待つだけです。

ミニトマトの育て方

夏野菜の代表格と言えば「トマト」

種まき時期は、3月下旬。ミニトマトは成長が速くどんどん背が高くなります。

ミニトマトは脇芽が伸びてきたら、摘み取らないといけないのですが
その脇芽を水につけておけば、そこから根が出て新たにトマトの苗として生育します。

新しく苗を買わなくても、ドンドントマトを増やすことができるんですよ!

私はこの方法で、毎年たくさんのミニトマトを収穫しています。

脇芽の摘み取り方は、動画で解説していますので参考にしてみてくださいね。

キュウリの育て方

プランター栽培でも、ビックリするくらいたくさん
実るとってもやりがいのあるお野菜です。

種まき時期は4月上旬~7月上旬

夏には欠かせないキュウリですが寒さと、
乾燥に弱いので毎日の水やりを欠かさないことが重要です。

この二つに気を付けていれば、ほぼ「失敗」はしません。

はじめてのプランター栽培には、ぜひキュウリで成功をものにしてみては…。
   

Sponsored Link

ハーブや薬味類は買わない!ベランダでハーブガーデン♪

お料理にちょっとだけ欲しいだけなのに、
意外とお金がかさむ「ハーブや薬味」

プランター栽培なら、すきな時にすきなだけ使うことができます。

どんどん育つので、お料理好きな方におすすめです。

毎日の料理に自家製のアクセントを加えましょう。

大葉の栽培

スーパーで50円~100円くらいしますよね。実は苗もその位なのです。

苗で買ってしまえば、ほとんど勝手に育っていきます。

日当たりの良い場所において、水やりを忘れないようにしましょう。

バジルの栽培

夏になると、さっぱりジェノベーゼや、
ガパオライス等食べたくなりますよね。

ふんだんにバジルを使いたいなら、プランター栽培がおすすめです。

大葉同様、スーパーで買うのと同じくらいの値段で、苗を購入できます。

さらに、日当たりの良いところで
水やりを怠らなければ、勝手にすくすく成長します。

ただ、新芽の部分が一番おいしく、成長しすぎた葉はえぐみが強いので、
どんどん収穫し、まとめてジェノベーゼソースなどを作り冷凍しておきましょう。

香菜 パクチーの栽培

少し難易度は高めです。

ただ、パクチー好きにとって、好きなだけ
パクチーを食べられるなんて、夢のようですよね。

種まきからは少し難しいかもしれません。
苗で手に入るのであれば、苗からをおすすめします。

暑すぎない日なたにおき、適度に水をあげましょう。

まとめ

プランター栽培の人気はやはり、
狭いスペースでも野菜が育てられるということ。

節約にも、趣味にもなる「プランターで家庭菜園」
すくすく育っていく様子を観察するのは、毎日の楽しみになるでしょう!

何か子供を育てている感じがして食べるとなると、
なぜかかわいそうな感じがするのは私だけでしょうか?

プランターでお手軽に、ぜひ今年の夏からチャレンジしてみては♪

Sponsored Link

サブコンテンツ

このページの先頭へ