関門海峡花火大会2016年の穴場スポットを一発チェック!

九州の人気花火大会ランキング3位にランクインするなど、
とても人気の高い花火大会「関門海峡花火大会」

去年の人出は120万人にも上り、大変賑わいました。

2016年8月13日(土)は29回目の開催となり、
今年もさまざまな趣向を凝らした、花火が楽しめるようです。

雨天時も決行されるため、少しの悪天候なら
安心して来場できるのも魅力の一つです。

今回は、関門海峡花火大会の穴場スポットや見どころをご紹介します。
   

Sponsored Link

関門海峡花火大会2016年の穴場スポット3選

関門海峡花火大会と言えば有料席の販売もありますが、
やっぱり穴場のスポットも知りたいところですよね。

ここは!というところを3つ厳選してみました。

① 海峡ゆめタワー 【 下関側 】

下関駅から徒歩10分のところにあります。

入場料は大人600円。

打ち上げ会場からは少し離れてしまいますが、
タワー内からは関門海峡が一望でき、両方の花火が同時に楽しめます。

実は、ここ山口県初「恋人の聖地」に認定されたり、
カップルにはとてもおすすめのスポットなんです。

チケット売り場で、スタッフに秘密の合言葉「夢かなう 恋かなう 海峡ゆめタワー」
いうと、入場料金が2割引きになったり、恋みくじ引換券 2名分がもらえたりします。

また、タワー入場者は、海峡メッセ下関屋内駐車場が5時間無料
になりますので、お車でご来場の方も行動しやすいスポットですね。

② ブルーウィングもじ近辺 【 門司側 】

引用元:じゃらん

門司港駅から徒歩6分と大変近い場所にあります。

このスポットの魅力はなんといっても打ち上げ花火で浮き上がる
跳ね橋のシルエットという風情溢れる光景です。

③ 門司港レトロ展望室

ブルーウィングもじのすぐ近くに位置する門司港レトロ展望室は、
レトロハイマートの31階にあり、館内にはカフェも併設されていますので、
大人な雰囲気でゆったりと花火を楽しみたい方におすすめ。

しかし、スペースがかなり限られておりますので、
入場制限がかかる可能性も予想されます。

カフェの予約をすると確実でしょう。

関門海峡花火大会の見所とは?

関門海峡花火大会は、打ち上げ花火数「約1万3000発」

下関側と門司側の両会場それぞれで、約6,500発の花火が打ち上げられます。

  • 場所:西海岸周辺(北九州側)あるかぽーと下関周辺(下関市側)
  • 開始時間:19:40~20:40
  • 問い合わせ先:北九州側(093-331-8781)関門海峡花火大会実行委員会
  • 問い合わせ先:下関市側(083-223-2001)関門海峡花火大会実行委員会
  • 打ち上げ数:1万3,000発
  • 雨天決行・荒天中止・順延なし
  • 露店数:下関側:約170店 門司側:400店
  • 有料席:あり
  • 前回の来場者数:約120万人

5尺玉の打ち上げや水中花火、大玉の迫力ある花火の100連発、
音楽にのせて打ち上げられる花火は雰囲気も満天。

福岡県北九州市門司と山口県下関、両岸から呼応するように打ち上げられる
様子は、海辺・山辺両方から堪能することができます。
   

Sponsored Link

まとめ

九州と本州を結ぶ関門海峡周辺で行われる一大プロジェクト。

直径320メートルの大玉が、大空で大輪の花を咲かせる瞬間は圧巻です。

今年は、色とりどりの異なる花火を間近で見てみませんか?

ひと夏の思い出に、ぜひ関門海峡花火大会へ!!

Sponsored Link

サブコンテンツ

このページの先頭へ