ねぶた祭りin2016の日程!ハネトに参加して楽しむ方法

毎年300万人以上の観光客が訪れる「青森ねぶた祭り」

開催するのにかかる費用は、なんと2億円以上!

スケールの大きいお祭りですよね。

2016年は、観るだけでなく、ハネトになって一緒に踊ってみませんか?

今回は、青森ねぶた祭り2016年の日程とハネトに
参加して楽しむ方法をお伝えします。
   

Sponsored Link

青森ねぶた祭りの日程

青森ねぶた祭りは曜日に関係なく、
毎年8月2日から7日までの6日間、開催されています。

2日から6日は夜、最終日は昼に、様々なねぶたが青森市中心街を練った後、
夜は花火の打ちあがる海上を進んでいきます。

また、8月1日には前夜祭があり、運行前の大型ねぶたを
明りの入った状態で全台見ることができます。

ステージではミスねぶた・ミスター跳人(ハネト)やねぶた師の紹介、
ねぶた囃子演奏(はやしえんそう)などが行われます。

運行スケジュール

  • 8月1日
    18:00~21:00頃:前夜祭 会場:青い海公園特設ステージ
    19:00~20:40頃:第68回浅虫温泉花火大会 会場:浅虫温泉

  • 8月2日・3日
    19:10~21:00:子供ねぶた、大型ねぶたの運行

  • 8月4日~6日
    19:10~21:00:大型ねぶたの運行 ※6日はねぶた大賞他、各賞の発表あり

  • 8月7日
    13:00~15:00:大型ねぶたの運行
    19:15~21:00頃:第62回青森花火大会・ねぶた海上運行 会場:青森港

青森ねぶた祭りを見に行く際の注意点

青森ねぶた祭りは、人気が高く全国からたくさんの人が押し寄せます。

そこで困るのが、宿泊するホテルがなかなか取れないということ。

ねぶた祭りでホテルの予約が取れない!そんな時はココで決まり

もし、宿泊の予約が取れない場合は車中泊がおすすめです。

車中泊でのおすすめのマットってなに?選び方や注意点を詳しく解説

宿泊代金がかからない分、浮いたお金で豪華な食事をしてみるのもいいですね。

ハネトの参加方法

「ラッセ、ラッセ、ラッセラー!」の掛け声と共に、踊りで祭りを盛り上げるハネト。

色とりどりの衣装を着て、囃子(はやし)の笛や太鼓、手振り鉦の音に合わせて
飛び跳ね踊る姿が印象的ですが、ハネト衣装を着ていれば誰でも参加できます。

特に団体に所属していなくても、
事前登録や当日申込などもなくても大丈夫。

ハネト衣装は青森市内のデパートなどで販売されています。

また、衣装レンタルと着付けをセットにしている店舗もあります。
(一式4,000円前後、足袋・草履・花笠は別料金)

もし、レンタルする場合は、事前に予約しておきましょう。

ハネトに参加するための注意事項

ハネトは途中参加できず、ねぶたが動き出す30分前には待機場所に
集合していなければいけません。

また、ねぶた囃子(はやし)と関係のない鳴り物(ホイッスルなど)
の持ち込み禁止など、いくつかルールがありますので、
事前に公式サイトをチェックしておいてください。

ハネト参加についての参加方法

ハネトの参加方法やルールをしっかりと守って、
ねぶた祭りを楽しみましょう!
   

Sponsored Link

祭り会場へのアクセス

祭りは青森市中心街で開催され、
JR青森駅から新町通りをまっすぐ歩いて徒歩10分程度。

クリックで画像拡大

引用元:ナビcafe

ねぶたは新町通り~平和公園通り~国道4号線~八甲通りを右回りで運行されます。

歩道から観覧できますし、観覧席を購入することもできます。

  • 10名以上は4月7日am9:00~13日に発売
  • 9人以下は6月中旬以降に発売方法を発表

最終日の花火とねぶた海上運行は、青森港の堤埠頭近辺から
メモリアルシップ八甲田丸近辺の海岸沿いで見ることができます。

なお、メモリアルシップ八甲田丸まではJR青森駅から徒歩6~7分程度です。

まとめ

6日間で来場者数300万人を集める「青森のねぶた祭り」

参加した人の感想を聞いてみると・・・。

「ハネトに参加すると脚が棒になるけど、沿道から見るよりも数倍楽しい!」
という感想がとても多いですね。

私も今年はぜひ参加してみたいです。

Sponsored Link

サブコンテンツ

このページの先頭へ