江戸川区花火大会2016の日程!厳選した穴場な場所ベスト3

花火といえば、日本一ド派手なオープニングを披露する
「江戸川区花火大会」ですよね^^

2016年は昨年と同じく、
8つのテーマで構成された音楽とのコラボレーション花火を披露!

今回は、大会の日程や厳選した穴場スポットまで詳しくお伝えしますね。

今年こそは準備万端、最高の場所で日本一を楽しみましょう。
   

Sponsored Link

江戸川区花火大会2016の日程

江戸川区花火大会の魅力は、なんといっても
オープニングでの「5秒間で1,000発」を打ち上げるド派手なスタート。

日時:2016年 8月6日(土)19:15〜20:30

雨天の場合、翌日の7日(日)に延期され、
もし7日も雨天の場合は、中止になります。

  • 場所:江戸川河川敷(江戸川区上篠崎1-25)
  • 問い合わせ先(03-5662-0523)江戸川区花火大会実行委員会
  • 打ち上げ数:約14,000発 最大玉号数:8号玉
  • 露店:市川市側のみ出店あり
  • トイレ:約300基
  • 最寄り駅:地下鉄篠埼駅から徒歩15分
  • 最寄り駅:JR小岩駅から徒歩25分
  • 前回の来場者数:約139万人

動画にて江戸川上空を幻想的に彩る、
「5秒間で1,000発」のド派手なオープニングが見ることができます。

江戸川区花火大会の穴場な場所ベスト3

テーマに合わせて行われる花火の美しさ、打ち上げ総数
およそ14,000発の「江戸川区花火大会」は日本一の来場者数を誇ります。

そのため、会場や会場周辺は人で溢れかえってしまうんです。

そこで、今回は大混雑しているところだけは
嫌という方に穴場スポットを厳選してご紹介しますね!

① 江戸川区河川敷の土手

会場最寄り駅の「小岩駅」から徒歩40分ほどかかる距離。

会場となっている河川敷の前方は前日から場所取りされている
ほどの混雑状況ですが、その後方にあたる土手はどうでしょうか?

実は、夕方でも場所取りが出来るほどの意外と
穴場になっているスポットなんです。

河川敷はとても長い距離あるので、土手もその分長いので場所取りが可能なんですよ!

ただ、草むらに近いのでレジャーシートは必須ですよ!

② 総武線の陸橋下

「江戸川駅」から徒歩10分ほどの距離にある場所。

会場からは少し離れてしまうものの、花火を遮る建物などが無く、
花火を存分に楽しめるという超穴場スポットになっているんです!

また、江戸川の上流に位置する場所なので水面に映る花火も楽しめちゃうんですよ^^

花火が始まる直前に行っても、場所取りすることが出来ます。

③ 篠崎公園

篠崎公園は打ち上げ場所の正面なので、絶好の花火スポット。

とても会場に近いので、ど迫力の花火を体感することが出来ますよ!

さらに、とても広い公園なのでレジャーシートなどを敷いて、
ゆったり花火観賞が出来るんです。

こういった穴場スポットで困るのがトイレ・・・ですが、
ここの公園にはトイレが完備されているので心配無用!

こういった理由から、意外と穴場スポットと言われているんです!

また、テイクアウトグルメとして、
地下鉄篠崎駅からすぐの穀倉(こくそう)やまざきのおむすびは絶品ですよ!

引用元:食ベログ

種類も豊富で、お値段もリーズナブルな価格で唐揚げも人気。

まとめ

日本一の観客数というだけあって、本当に人が少ない
穴場スポットというと距離がどうしても遠くなってしまいます。

しかし、混雑の中で見るよりゆったり見たい時、
距離があっても美しさは変わらないので穴場って結構嬉しいんですよね!

今年のプログラムも興味あるテーマで、
私はもうすでに惹かれて期待でいっぱいです^^

今年も楽しい夏も盛り上がりましょう!

Sponsored Link

サブコンテンツ

このページの先頭へ