京都の大文字焼きをホテルで鑑賞!おすすめの場所をご紹介

夏の京都の風物詩といえば、「京都の大文字焼き」

平日でも大勢の観光客が集まり、
京都四大行事の一つといわれるほどに。

今年の大文字焼きは、京都市内で一泊して、
ホテルで鑑賞してはいかがでしょうか?

今回は、大文字焼きが見えるホテルや豪華なプランが
用意されたおすすめの場所をご紹介したいと思います。
   

Sponsored Link

京都の大文字焼きとは

東山如意ヶ嶽の「大文字形」が一番よく知られているので通称「大文字焼き」
と呼ばれていますが、正式名称は「京都五山送り火」といいます。

引用元:ガジェット通信

お盆に迎えた先祖の霊を再び送るための、
行事で毎年8月16日の20時から5分おきに5か所の山で火が焚かれます。

  • 東山如意ヶ嶽の他に金閣寺大北山の「左大文字」
  • 松ヶ崎西山・東山の「妙法」、西賀茂船山の「舟形」
  • 嵯峨曼茶羅山の「鳥居形」

大文字焼きが見られるホテル

① 京都ブライトンホテル

宿泊者は屋上から大文字焼きを鑑賞することができます。

京都御所の西側に位置しているため、鳥居形以外を見ることができるそうです。

また、東側に窓のある高層階の部屋なら、外に出ずに大文字を見ることができます。

② ウェスティン都ホテル京都

東山の高台にあり、13階のテラスからは大文字、妙、舟形、
左大文字を見ることができます(但し、大文字はかなり横向きになってしまうようです)。

ディナーをいただきながら鑑賞する特別プランもあります。

③ ホテル本能寺

織田信長が明智光秀に討たれた、本能寺の変は誰もがご存知だと思いますが、
その本能寺の境内に建つ、古き良き日本の旅館のような和風ホテルです。

屋上から大文字、左大文字、舟形の3つを見ることができます。

豪大文字焼きの豪華プランのあるホテル

① 京都タワーホテル

地上100mの展望台から、五山すべてを見渡せる
「五山送り火鑑賞と晩餐の夕べ」プラン。

祇園甲部の舞妓さんが華麗な京舞を披露してくれます。

スカイラウンジ「空」でも送り火鑑賞スペシャルディナーを満喫できる
「大文字ディナー」を用意。こちらは舟形以外が鑑賞できます。

  • 「五山送り火鑑賞と晩餐の夕べ」プラン:1名21,000円
  • 「大文字ディナー」プラン:21,000円

② 御所西 京都平安ホテル

京都御所の西側に建つ、日本庭園の有名なホテルです。

毎年恒例で大文字送り火鑑賞ディナーが用意されます。

夕食の後、ホテルの屋上から送り火を鑑賞。

夕食はバイキング、会席、ステーキのコースが選べます。宿泊プランもあり。

  • ディナープラン:各コース 大人8,000円~、小人3,000円~
  • 宿泊プラン(朝夕食事付):大人18,000円~、小人10,000円~

③ ホテルモントレ京都(2016年は満席)

涼しいホテルの中で、五山すべての送り火を
見ることができる贅沢な特別プラン。

鑑賞中、フリードリンクが用意されているのもうれしい点です。

「スパ・トリニテ」の入浴と日本料理「随縁亭」
で懐石料理が付いています。

女性限定のゆかた着付け講座もあります(参加自由、ゆかた持参)。
特別プラン:1名16,000円

まとめ

雑踏に紛れての見物も楽しいですが、
涼しいところで鑑賞するのもまたおつなもの。

今回は、大文字焼きが見れるホテルや豪華なプランが
用意されたおすすめのホテルをご紹介しました。

帰りの渋滞に巻き込まれずに余韻を楽しめるのも、
ホテルプランの良いところですね。

ぜひ今年は早めに予約を取って
スケールの大きな送り火を堪能してみませんか?

Sponsored Link

サブコンテンツ

このページの先頭へ